おまとめローン

主婦でも使えるおまとめローンは?

主婦でもカードローンは作れますし、おまとめローンの利用も可能です。ただし、パートなどの収入があるかどうかでまったく利用する先が変わってきます。

収入のない専業主婦は利用先が限られてしまうので注意しましょう。

パート主婦が使えるおまとめローン

同じ主婦でも、パートなどで収入がある場合とない場合とで利用できる金融機関に違いが出ます。近年では貸金業者も銀行も、収入のない人への貸出を控える傾向があるため、しっかり調べて検討しましょう。

パート主婦の場合には収入があるので、広く選択肢を採れます。

消費者金融業者

貸金業者とは、アコムやプロミスなどの消費者金融業者が代表的な存在です。銀行や信用金庫でもお金は貸しますが、これらは貸金業者ではありません。適用される法律が違います。

消費者金融業者では、貸金業法に基づいておまとめローンを提供しています。

貸金業法では、消費者金融は総量規制という制限によって借りられる金額が年収の3分の1に抑えられます。

通常の借り入れはこの制限を超えることはできませんが、総量規制には除外規定と例外規定があり、おまとめローンは例外貸付として総量規制以上に借りることができます。

消費者金融業者のおまとめローンには以下のようなメリットがあります。

  • 審査が柔軟であること。
  • 審査が早く、融資までがスピーディであること。

この点は通常のカードローンと同様で、銀行に比較すると消費者金融の審査は通りやすい傾向があります。

その反面で、以下のようなデメリットもあります。

  • 金利が高い。
  • 金利が高いために利息の負担が大きく、なかなか元金が減らない。
  • 銀行のカードローンからの借り入れがおまとめ対象外になることが多い。

 銀行

銀行でもおまとめローンが提供されています。とはいっても、近年では銀行の過剰融資が問題となっていることもあり、専用のおまとめローンを提供している銀行は横浜銀行や東京スター銀行など、一部に限られます。

銀行のおまとめローンも消費者金融業者のものと同様に、証書貸付という形態で融資されます。これは、住宅ローンやマイカーローンなどと同様に「借り入れは1回限りで追加融資されない」ローンです。

いったん借りたら、後は返済するだけになります。返済中は基本的に追加融資を受けることはできないので、計画的に返済していけるというメリットもあります。

銀行のおまとめローンには以下のようなメリットがあります。
  • 金利が低い。
  • 限度額が高めの設定であるため、おまとめに必要充分な額を借りられる。
  • クレジットカードのショッピング利用分やリボ払いもおまとめできる。

その反面で、以下のようなデメリットがあります。

  • 審査が厳しい。
  • 申し込みや契約の時に提出する書類が多い。
  • 融資までに時間がかかる。

 銀行のカードローン

同じ銀行でも、おまとめローンではなく通常のカードローンをおまとめとして使えることがあります。事業性のある資金以外に使うのであれば資金使途は自由というフリーローンは、既存借入の借り換えとしても利用することができます。

一部にはフリーローンを使った借り換えはできないケースもあるので、良く調べてみましょう。近年では利用限度額が最高で500万円や1000万円などの高額の設定になっている大型のカードローンもあります。

審査次第ですが、限度額が大きめに設定されているところは、たとえその額には届かなくても、他の金融機関に比較して高額の融資を受けられる可能性がります。

銀行のカードローンには以下のようなメリットがあります。
  • 金利が低い。
  • 返済中でも追加で借りられる。
  • クレジットカードで利用した分もまとめられる。

その反面で、以下のようなデメリットがあります。

  • 利用残高によって返済額が変動するものが多い。
  • 返済額が変動するため、返済計画が立てにくい。
  • 審査が厳しい。
  • 融資までの時間がかかる。
銀行のカードローンは、おまとめローンとして利用しながら急な出費に対応できるよう借入もできます。

ただ、借りては返済して、また借りるといったことを繰り返しているうちになかなか返済が終わらないという状況になりがちです。

主婦がおまとめローンを選ぶための5つのポイント

主婦でも申し込みできるか

主婦がおまとめローンを検討するときに、まず注意したいのが「申込条件に主婦も可とあるかどうか」という点です。多くのおまとめローンは、収入があれば主婦でも利用できますが、収入のない専業主婦の場合には選択肢は非常に限られるので注意しましょう。

また、ある程度以上の収入がないとおまとめローンを組めないというケースも多く、この点でも注意が必要です。おおよそ、消費者金融業者であれば、おまとめローンは会社員でもパート、アルバイトでも収入さえあれば申し込むことができます。

銀行のおまとめローンの場合にはパートやアルバイトでは融資できないところもあります。なかには、正社員または公務員でないと利用できないおまとめローンもあるので注意しましょう。

一般的に銀行は都市銀行よりも地方銀行のほうが申し込み条件は緩いですし、審査も柔軟な傾向がありますが、それでも主婦はNGというところも多くあるので注意しましょう。

一概に消費者金融業者がいいとか、地方銀行が良いとは言い切れません。

おまとめした後の金利

おまとめローンを利用すると、利用前よりも金利が下がるというのが基本です。たとえば貸金業者を利用すると、貸金業法に「顧客に一方的融資になる貸付」であることが義務付けられているので、貸す側の業者の機会損失、つまり金利の引き下げをしたうえでおまとめローンが提供されます。

しかし、おまとめする前の借入が銀行のローンなどの金利が低めのローンの場合、まとめても金利が下がらないということも発生します。そのため、おまとめローンを利用して金利が下がるかどうかを確認しておきましょう。

おまとめローンの金利の決め方は多少複雑ですので、ネットなどで良く研究しておきましょう。消費者金融業者のやり方は非常に独特です。

また、おまとめローンの場合には審査によって金利が決まることが多くありますので、今の金利がどの程度なのか、審査で示された金利が果たしてお得なのかどうかを良く見極めましょう。

もし、審査で金利が下がっていないときには、交渉しても良いですし、契約を断っても構いません。

限度額は?

数の借入を1つにまとめるときには、必要な額をしっかり借りることができるかどうかは非常に重要です。

たとえば合計で70万円を1つにまとめたいのに、限度額50万円では半端に手間がかかるだけで、おまとめする効果は感じにくいでしょう。できれば70万円全体を1つにまとめて、返済日を毎月1回にして負担を減らしたいところです。

もし、現在利用しているカードローンを増額して借入したら他の借入を完済できるのであれば、わざわざおまとめローンを利用しなくても良くなります。2件の借入を1つにするのは、それほど難しくありません。

ただ、消費者金融業者では1社で50万円以上、複数社で合計100万円になる借入も申し込みでは収入証明書の提示が求められるので注意しましょう。

主婦の場合には、収入があっても借入の上限が厳しく定められていることもあります。公式サイトにある「商品概要説明書」などで確認することができます。多くの業者・銀行はユーザー向けのフリーダイヤルを用意していますので、そこに問い合わせてもいいでしょう。

融資までの時間は?

おまとめローンの利用を検討しているということは、すでに複数の業者・銀行からの借入があって返済に困っているという状況でしょう。場合によっては切迫していることも考えられます。

そうでなくても、手続きにかかる時間は短いほうが良いことに変わりはありません。できればさっと済ませて借金の悩みから解放されたいところでしょう。

おまとめローンの融資までの時間が短いのは、圧倒的に消費者金融業者です。なかには申し込みして即日で融資されるところもあります。アコムやアイフル、プロミスなどの大手の業者は手続きが早く、審査は即日で、通過できればすぐにおまとめローンの融資が実行されます。

銀行はそもそも即日融資ができない状態になっており、おまとめローンの場合にはさらに時間がかかります。この点では、金利の低さと審査のスピードは反比例していると言っていいでしょう。

もし、時間的な余裕があれば銀行は金利も低いので検討してみましょう。手早くまとめるには消費者金融業者の自動契約機です。

業者・銀行がおまとめに積極的?

主婦の場合には、融資そのものに消極的な金融機関も多くあります。その業者や銀行がおまとめローンに積極的なところかどうかも慎重に見極めましょう。

消費者金融業者は「おまとめローン」や「借り換えローン」という名称で、公式サイトにも専用のページを設けているところが多くありますが、そういったページのない業者もいます。逆におまとめとしての利用を積極的に勧めているところもあります。公式のホームページを良く見てみましょう。

銀行の場合には、おまとめローンそのものの扱いはないが、資金使途に「既存借入の借り換え」「他の金融機関からの借り換え」などと記載されているというケースもあれば、商品概要説明書で「他社からの借り換えは不可」としているところもあります。

地方銀行でも、おまとめローンの扱いはそれぞれに違っています。地元の銀行のホームページを見てみましょう。積極的におまとめローンを勧めているところもあれば、フリーローンでのおまとめが不可のところもあります。

積極的におまとめローンを勧めているところのほうが当然チャンスは高いです。

専業主婦でもおまとめローンは使える?

貸金業者はNG

専業主婦の場合、カードローンもおまとめローンも選択肢は狭まります。特に、貸金業者は収入のない専業主婦には貸付を行っていません。

というのも、貸金業者には総量規制という法律が適用されますが、ここには総量規制の根拠となる「自分の収入」があることが大前提だからです。

「利用者の年収の3分の1以上を貸し付けてはならない」とするのが総量規制ですが、専業主婦の場合、その計算の根本となる収入がないために、貸付ができません。

総量規制では、配偶者の収入に応じて貸付する「配偶者貸付制度」というものが規定されていますが、貸金業者で配偶者貸付を実施しているところはありません。

「貸金業者」というのは、アコムやプロミスなどといった消費者金融業者と、クレジットカードのキャッシング枠の2種類を指します。

ときどき、主婦向けのクレジットカードにおまけのようにキャッシング枠が付いていることがありますが、ほとんど10万円程度の金額でしかなく、おまとめローンに使うようなことはできません。

専業主婦でもおまとめしやすいローン

専業主婦でも利用できる手軽なローンは、総量規制の対象外である銀行のローンです。総量規制は貸金業法で規定されている規制ですが、これが適用されるのは主に消費者金融業者で、銀行は銀行法という別の法律が適用されるので総量規制とは無関係です。

銀行は、個人消費者向けのローン商品の新規顧客の獲得に注力しているところも多く、狙い目と言えるでしょう。

1.楽天銀行

楽天銀行は「専業主婦専用申し込みページ」を公式サイトで提供するほど、専業主婦のカードローン利用を勧めています。専業主婦なら、本人だけでなく配偶者の収入証明書も不要です。

利用限度額は50万円までですが、金利は年率14.6%と消費者金融業者よりも低めに設定されているので使い勝手は良いでしょう。ネットバンクですのでパソコンやスマートフォンでの取引が可能です。

2.三菱UFJ銀行

メガバンクも専業主婦が借りられるところがあります。たとえば三菱UFJ銀行は、銀行のATMコーナーに設けられている「テレビ窓口」を利用すれば専業主婦でも即日で融資を受けることが可能です。

あまり高額を希望しなければすぐに契約することが可能です。

3.みずほ銀行

みずは銀行も、専業主婦でも借入できます。本人に収入がないときには配偶者の安定した収入があれば限度額最大30万円で利用可能です。

みずほ銀行の口座を持っていれば、最短即日で自分のキャッシュカードをそのままローンカードとして利用可能です。

専業主婦でも借り入れ可能なイオン銀行

専業主婦でも借り入れできる銀行としておすすめのひとつが、イオン銀行です。イオンは全国にショッピングモールのチェーンを展開していますが、その銀行業務を担当するのがイオン銀行です。

イオン銀行の口座を持っていることを条件に専業主婦でも借り入れすることが可能です。申し込みには配偶者に安定した収入があることが条件となりますが、電話で在籍確認が行くことはありません。

イオン銀行のカードローンのメリットは数多くありますが、年利率が3.8%から13.8%と低金利であることは大きいでしょう。消費者金融業者のカードローンはおおよその場合で、初回契約時には年率18%が適用されることと比較すると、かなりお得に借りることができます。

もうひとつのメリットは限度額を高めに設定できるという点です。最大限度額は800万円に設定されています。誰もがこの融資枠をもらえるわけではありませんが、全体のスペックの高さが分かる限度額と言えます。

最大限度額が高いローンほど、普通に契約しても高い融資枠をもらえる可能性が高いです。また、イオン銀行のフリーローン「イオンアシストプラン」は、おまとめ目的での利用もできます。

ソニー銀行も主婦OK

家電ブランドとして有名なソニーは近年では金融業でも実績を残しています。分かりやすい申込み方法や、低金利、高額な融資額などで高い利便性を確保しています。

ソニー銀行のカードローン「MONEY Kit」は、最大限度額800万円と高額な設定で、Web設定も便利です。

「MONEY Kit」を利用するには、ソニー銀行の口座を持っていることが不可欠です。

基本的にネットバンクはすべて口座保有者のみにローンを提供します。口座申込と同時に「MONEY Kit」の申し込みもできます。2つの同時申し込みでは即日融資はできませんが、逆にソニー銀行の口座を持っていれば初回から素早く融資を受けることができます。

契約した後は、キャッシュカードがそのままローンカードになります。見た目はただのキャッシュカードですので、万が一誰かに見られても安心です。

「MONEY Kit」のメリットは、ネットバンクならではの低金利です。実質年率で2.5%から13.8%というのは業界でもトップクラスに低い金利になっています。専業主婦でも申し込みができます。おまとめローンとしての活用も可能なローンです。

まとめ

主婦でも利用できるおまとめローンは数が限られます。専業主婦の場合には消費者金融業者の申し込みはできないので注意しましょう。

狙い目はイオン銀行やソニー銀行などの新興の銀行やネットバンクです。