アコム

アコムのCMの狙いって何?出演している女優さんや俳優さんをご紹介

消費者金融業者というと、どうしても「高利貸」や「サラ金」といったネガティブなイメージを持たれがちです。

大手の業者は、そういったイメージを払拭するために清純派女優さんを起用してコミカルな内容を盛り込むといった工夫をしています。アコムも数多くの話題のCMを発表している業者です。

アコムのCMが目指すもの

キャッシング初心者に訴求したい

アコムのCMというと、「はじめてのアコム」というキャッチフレーズが有名でしょう。

これは2000年9月から鈴木崇さんが音楽を音楽を担当したCMで初めて用いられています。好評だったことからずっと使われ続けており、アコムの代名詞ともなっているものです。

アコムがCMで訴えたい内容は「キャッシングが初めての人でも大丈夫」という内容です。消費者金融に対しては、無意識に「怖いところ」「お金を借りるなんて恥ずかしい」といったネガティブな感情を持ってしまうことが多くあります。

アコムはそういった初心者の心情を理解して、初心者でも充分にお金は借りられるし、怖いところでもないということをCMでアピールしています。

2018年に公開されたCMでも、「はじめてのアコム」というフレーズは使われていて、ブランドメッセージを打ち出した内容になっています。

即日融資が可能である

アコムがCMで訴求したい内容として、消費者金融業者ならではの「即日融資」が挙げられます。

アコムは大手の消費者金融業者のなかで自動契約機を設置した先駆者でもあり、審査をスピーディに実施し、条件が整っている人に対しては申し込みの当日中に融資することができます。

アコムの審査システムは高度に洗練されており、申し込みから審査の結果通知、借入実行までおよそ1時間程度で完了できるようになっています。この早さは銀行や信用金庫といった他の民間金融機関にはないもので、アコムにとっては大きな訴求力を持ちます。

また、アコムは消費者金融業者のなかでは唯一と言っていいくらいに「クレジットカードも発行している」業者です。このカードもローンカードと同様、申し込み即日で発行可能です。

この点もCMでは強調されていて、アコムの利便性をアピールしています。

無利息サービス

もうひとつ、アコムがCMで訴求したいのは「初めての契約の人には金利がゼロ円になるサービスがある」という点です。

消費者金融というと、金利が高いというイメージがつきまといます。確かに、銀行のカードローンや信用金庫などに比較すると消費者金融の提供するカードローンは金利が高めに設定されています。

1980年代に消費者金融は「サラ金」と呼ばれて高金利による貸付を行っており、そのために多くの自己破産者を生んでいます。当時は出資法による金利である「29.2%」という非常に高い金利で貸し出していました。それによる大きなイメージの低下を招いています。

貸金業法は2006年に改正され、今ではほとんどの消費者金融業者が最高金利「18.0%」で貸し出ししています。さらに、初回契約者に限っては一定期間利息がゼロになるというサービスを展開しています。

アコムにも、「契約から30日間無利息」というサービスがあり、初心者でも借りやすく便利なものであるということをアピールするようになりました。

アコムのCM出演女優「佐藤美希」さんはどんな人?

佐藤美希さんのプロフィール

アコムのCMは、2018年から一新されました。部長と部下の楽しいやり取りが観ていて気持ちの良いCMになっています。出演している部下役の女性は佐藤美希さんです。

【佐藤美希さんのプロフィール】

  • 生年月日:1993年6月26日
  • 出身地:栃木県宇都宮市
  • 所属:ホリプロ

幼いころは身体が弱く、病院に入院・退院を繰り返していたという経験を持っていて、看護師を目指して看護専門学校に進学しました。

しかし、中学時代からモデルになりたいというあこがれを抱いていた佐藤さんは、2013年に「第38回ホリプロスカウトキャラバン」に応募します。

数多くのスターを生み出したオーディションのひとつですが、佐藤さんはそこで史上最年長となる20歳でグランプリを獲得しています。

その後、リポーターや女優としての仕事をしながら、2015年にはJリーグの女子マネージャーに就任しています。

ショートカットの髪型が特徴で、運動部のマネージャーという役柄はぴったりです。3シーズンにわたって精力的にマネージャーとして活動したことが認められ、「Jリーグ名誉マネージャー」に就任しています。

出演している代表作品は?

【ドラマ】

「ドクターX外科医・大門未知子」

「パパ活」

【映画】

「手裏剣戦隊ニンニンジャー」

「キスできる餃子」

「徐福・永遠の命を探して」

【CM】

永谷園「彩りごはん」

サーモス

スポーツくじ「toto」「BIG」

アコム

【バラエティ】

アッコにおまかせ!

めざましテレビ

Jフットニスタ

【スポーツ番組】

Jリーグウォーカー

2018年FIFAワールドカップロシア大会

柔道グランドスラム

Jリーグの女子マネージャーを任されただけあり、サッカー関連の番組に多数出演しています。大手企業のCMや広告に多数出演していることから、好感度の高さがうかがえます。

Jリーグ名誉マネージャーとしても活躍

佐藤美希さんの特技はクラシックバレエと柔道です。バレエは3歳から13歳まで習っていて、身体の柔らかさには自信があるとインタビューで答えています。

中学に入ると柔道部に所属しており、活発なスポーツ少女でした。Jリーグ名誉マネージャーとして活躍しており、2015年から2018年まで3シーズンにもわたって積極的なPR活動を行っており、その功績が認められて2018年には名誉マネージャーに就任しました。

2018年にはワールドカップのロシア大会でキャスターとして出演しており、サッカーに詳しい女性タレントとして認知している人も多いでしょう。

アコムのCM出演俳優「渡部篤郎」さんはどんな人?

渡部篤郎さんのプロフィール

2018年からアコムのCMに出演している部長役の男性は渡部篤郎さんです。長いキャリアを誇る実力派俳優として知られています。

【渡部篤郎さんのプロフィール】

  • 生年月日:1963年5月5日
  • 出身地:東京都新宿区
  • 所属:スターダストプロモーション

高校を中退してアルバイトで暮らしていた渡部篤郎さんは、アルバイト先の関係からエキストラで映画出演したことがきっかけで演技の世界に入っています。

日活ロマンポルノにも出演していたこともあり、駆け出しの時代には「修行と思って何でもやった」とインタビューで語っています。

1995年に映画「静かな生活」で演じた障害者の息子役が大変な好評で、この作品で日本アカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞を受賞しています。これがきっかけとなってブレイクし、数多くのドラマや映画に出演しています。

撮影の期間中は私生活でもその役になりきって過ごすようにしており、真剣に向き合う姿が垣間見えます。

出演している代表作品は?

渡部篤郎さんは俳優としてのキャリアも長く、多彩な作品に出演しています。

【ドラマ】

「白夜行」

「ゴッドハンド輝」

「下町ロケット」

「東京全力少女」

「お義父さんと呼ばせて」

「警視庁いきもの係」

【映画】

「ゼブラーマン」

「愛のむきだし」

「重力ピエロ」

「探偵はBARにいる」

「マスカレード・ホテル」

【CM】

明治製菓「キシリッシュ」

サントリー「モルツ」

ダイハツ「ムーブ」

アサヒ飲料「WANDA」

任天堂「レイトン教授」

ベテラン俳優さんだけあって、代表作品は数多くあります。刑事役からストーカー役、障害者役など幅広い役柄を演じ分けています。

芸能一家の父親でもある

渡部篤郎さんには、元妻のRIKACOさんとの間に2人、現在の再婚相手との間に2人、計4人のお子さんがいます。

RIKACOさんの間にもうけた2人の息子さんは才能に恵まれており、長男の樹(みき)さんは現在、脚本家として活動しています。

次男の蓮さんは身長180センチ以上ありスタイル抜群です。インターナショナルスクールに通っており、芸能活動はしていませんが、将来は有望とされています。

2人は母親のRIKACOさんとテレビ出演しており、その際に父親の渡部篤郎さんのモノマネを披露しています。

アコムのCMに出演した有名女優さんたち

①大場久美子さん

アコムは1982年からCMに知名度の高いタレントや女優を起用してきました。なかでも有名なのは、大場久美子さんでしょう。

当時、トップアイドルから女優への転身を果たした大場さんは、マリリン・モンローのイメージした大胆な映像で強烈な印象を残しました。「久美子はアコム」というちょっとシュールなキャッチフレージが頭に残るCMです。

大場久美子さんといえば、テレビドラマの「コメットさん」の役が非常に有名で、これによって大ブレイクを果たしています。このドラマは高い視聴率を獲得し、大場久美子さんの名前は全国に知れ渡りました。

当時は現役のアイドルが消費者金融業者のCMに出演することがちょっとしたブームとなっており、大場さんもその流れに乗ったと言えるでしょう。大場さんは現在でも女優業をメインにテレビに多数出演しています。

②小野真弓さん

CMに出演する前からすでに知られていた大場久美子さんとは逆に、アコムのCMによって全国的な知名度を高めた女優さんもいます。その代表となるのが、2002年に出演CMが評判となった小野真弓さんでしょう。

1998年に芸能界デビューを果たしていますが、アコムのCMで演じた明るくて爽やかな女性社員役は大きな話題となりました。

小野さんはCMをきっかけに写真集やDVDを発売してヒットさせるアイドルとして知られるようになります。ドラマや映画への出演も果たしており、一気に注目を集めました。

現在でもアコムのCMでは「はじめてのアコム」というキャッチフレーズが使われていますが、これは小野さんが出演した2002年のCMが最初です。

③永作博美さん

長期にわたってアコムのCMに出演してお馴染みとなったのが女優の永作博美さんです。永作さんは、1989年にアイドルグループのメンバーとしてデビューした後、1994年からテレビドラマに出演して好評を博しました。

女優としての評価は高く、数多くのテレビドラマや映画に出演しています。なかでも、2011年に公開された「八日目の蝉」では日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞しています。

永作さんはアコムのCMを2013年から5年間にわたって放送され続けました。アコムのCMでは、3年ごとにメインの女優さんを交代させることが多いため、永作さんの出演年数は異例と言えるでしょう。その後を引き継いだのが佐藤美希さんと渡部篤郎さんです。

④80周年CMに出演した前田敦子さん

1936年に呉服商として始まったアコムは、2016年に創業80周年を迎えました。これを記念して制作されたCMに起用されたのが前田敦子さんです。

前田さんは女性アイドルグループ「AKB48」の初代センターとしてデビューし、女優へと転身しています。当時のトップアイドルが消費者金融のCMに出演するということで各方面で話題となりました。

前田さんはアコムのイメージカラーである真っ赤なワンピースを着て出演し、アイドルらしい笑顔と可愛らしい仕草でアコムの80周年をアピールしています。

まとめ

アコムがCMで訴えたいのは「安心感」です。有名なキャッチフレーズにも、安心感や信頼感を伝えようという意思が感じられます。

歴代の出演者を見ても、安心できる人柄の女優さんばかりです。