レイクアルサ(レイクALSA)

レイクALSAは24時間365日即日振込!即日融資のタイムリミットは?

2018年に多くの銀行で「モアタイム」というシステムが導入されました。これは、銀行間での平日夜間・土日祝日における即時入金ができるシステムです。

これに伴い、消費者金融業者でも顧客の金融機関口座宛てに24時間365日の振込が可能になっています。

レイクALSA会員なら即日振込で融資

モアタイムシステムが導入されている

モアタイムというシステムが2018年10月に、全国の金融機関で導入されています。

モアタイムは基本的に、銀行間での平日夜間・土日祝日での即時入金時間を拡大するシステムです。

銀行同士のお金のやり取りは、「全銀システム」という振込制度によって行われますが、このシステムは平日の午前8時30分から午後3時30分までしか稼働していませんでした。

稼働時間を24時間に拡大して、平日の昼間以外の時間帯でも銀行同士の即時入金を可能にしたのがモアタイムです。

レイクALSAは新生ファイナンシャル株式会社が運営しています。これは新生銀行のグループ会社で、かつての「レイク」を子会社化しており、レイクALSAと強い提携関係にあります。

そのため、2018年に全銀システムで開始された新決済システム(モアタイムシステム)によって、レイクALSAでは、24時間365日の振込融資が可能になっています。

レイクALSAの振込サービスが適用される時間

新生ファイナンシャル株式会社のホームページには以下のような記述があります。

「新生ファイナンシャル株式会社は、2018年10月11日より、レイクALSAをご利用されるお客さまの金融機関口座宛てに、24時間365日即日振込みが可能になるサービスを開始しました。」

新サービスの特徴

1.すでにレイクALSAを利用している人は、土日や祝日を含め24時間いつでも即日振込みによる借入が可能になっています。

2.レイクALSAを始めて利用する人がインターネットで契約する場合には、当日午後9時(日曜日のみ当日午後6時)まで申し込みと必要書類の確認完了で、即日振込みによる借入が可能。

即日振込み対応時間

サービス開始前

(2018年10月10日以前)

サービス開始後

(2018年10月11日以後)

レイクALSAをすでに利用している場合 平日午後2時45分までに会員ページやフリーダイヤルで手続きを完了していれば即日振込が可能 会員ページやフリーダイヤルで手続きを完了していれば24時間365日即日振込が可能
レイクALSAを初めて利用する場合 平日午後2時までに契約手続きを完了していれば即日振込が可能 土日祝日を含め当日午後9時(日曜は午後6時)までに契約手続きを完了していれば即日振込が可能

新サービスでは、スマートフォンからの手続きでも24時間365日、深夜でも即日振込みができます。

すでにレイクALSAの会員になっている人が深夜に借入が必要になった場合、従来はカードを使って提携先ATMで引き出していましたが、新サービスによって、24時間365日即日振込により、自分の口座からすぐに引き出しできます。

24時間365日即日振込みサービスの注意点

レイクALSAは全銀システムの改善によって、24時間365日即日振込サービスが可能になっています。とはいっても、当然ですが自分名義の金融機関口座の登録が必要です。

登録されてもいない口座へ振込することはできません。すでにレイクALSAの会員なのに未登録である場合には、会員ページかフリーダイヤルで登録手続きをしておきましょう。

また、モアタイムに加入している金融機関であっても、システムのメンテナンス時間には利用できません。銀行のシステムの管理時間はそれぞれに異なっているため、確認しておきましょう。

また、モアタイムシステムに加入していない金融機関を登録した場合も24時間振込サービスを利用できません。

みずほ銀行は社内の勘定系システムへのデータ移行を段階的に進めていたために、参加を見送っていましたが、2019年の4月27日から5月6日の10連休の間にモアタイムシステムへの接続が完了しています。

これによって、みずほ銀行を含むメガバンクすべてで24時間の振込に対応することになりました。みずほ信託銀行も同様で、信託銀行でモアタイムに参加していないのは野村信託銀行のみになっています。

レイクALSAに申し込みして即日振込融資を受けるには

基本的なルール

レイクALSAは、申し込みをした当日中の即日融資にも対応した業者です。即日融資・即日振込まで可能な点が消費者金融業者の強みで、レイクALSAもしっかりとユーザーの要求に応えてくれます。

とはいっても、ネットでの申し込みは24時間365日可能ですが、対応時間外で即日融資を受けることはできません。

基本的なルールとして、「レイクALSAの即日融資の対応時間は午前8時から午後9時50分まで」と覚えておきましょう。

消費者金融業者のなかでは、時間帯も早めですし、遅くまで対応している部類に入ります。また、申し込み方法ごとに若干の違いもあるのでしっかりと抑えておきましょう。

対応時間

申込方法 時間
通常 第3日曜日
Web 午前8時10分~午後9時50分 午前8時10分~午後7時
電話 午前9時~午後9時 午前9時~午後7時
自動契約機 午後9時までの申し込み 午後6時までに申し込み

参考・レイクALSAの無人機の設置場所や営業時間は?無人機の使い方もご紹介

レイクALSAの無人機の設置場所や営業時間は?無人機の使い方もご紹介消費者金融業者は多数ありますが、無人契約機を設置している業者はプロミスやアコムなど大手に限られます。 レイクALSAの無人機の...

申し込み開始は午後8時50分がリミット

即日振込みで融資を受けるのに適しているのは、Webで申し込みをして契約し、そこから銀行口座に振り込んでもらうという方法です。

Web申し込みに対応しているのは午後9時50分までとなっていますが、これはあくまで審査を実施している時間ですので注意しましょう。

もし午後9時50分までに審査が終わらなければ、翌日に持ち越しとなってしまいます。即日振込を期待して申し込みしても、無駄になるリスクがあります。

レイクALSAは非常に審査がスピーディなことで知られています。かといって、申し込みしてすぐに借入が可能になるわけではありません。初めての申し込みでは、余裕を持って営業時間の1時間程度前には手続きを開始しておきましょう。

Web申し込みなら、午後8時50分がリミットです。どの契約方法でも、審査実施時間の締切の1時間前には申し込みをスタートさせておきましょう。

最速の方法は?

即日融資・即日振込を狙うには、レイクALSA申し込みでの最速の方法を知っておきたいところです。

レイクALSAでは様々な申込方法を用意しているため、逆に、どの申込方法が楽で素早いのか分かりにくい部分があります。

最短で即日振込まで到達できる方法は、「Web申し込み→コールセンターに電話」です。いきなり電話するのではなく、まずはWebで必要事項を入力して送信し、後から電話するというところが大きなポイントです。

というのも、Web上で入力された情報は、そのままデータとしてレイクALSAの審査システムに取り込まれて審査がすぐに開始できるからです。

そこからさらに、コールセンターに連絡して審査を急いでいると申し出ることによって、優先的に審査してもらえます。

まずスマホなどWeb申し込みフォームから必要事項を入力して送信します。その後、コールセンターに連絡して「今、Webから必要事項を入力した」と伝えて審査を急いで欲しいと申し出ましょう。

即日融資を受ける手順

1.必要書類を準備

どのような申込方法でも、提出書類が揃っていない状態では、申し込みをした後にあわててしまいます。先に必要書類を準備してから申し込み手続きを始めましょう。

また、提出する本人確認書類に記載の住所と現住所が異なっているときには、追加で以下の書類のいずれかが必要になります。事前に準備しておきましょう。

  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

最も手軽なのは公共料金の領収書でしょう。スマホで撮影して送信する際には、全体がよく見えるように撮す必要があります。

住所の部分が読み取れないときには再送信になるので、注意して撮影しましょう。

2.審査申し込み直後に連絡

最短で即日振込をしてもらいたい場合には、Webで申し込みした直後にコールセンターに連絡します。レイクALSAは仮審査の結果はすぐに表示されます。

その後から本審査に移りますが、その前にすぐに連絡して「急いで審査して欲しい」と申し出ます。

審査は時間帯によっては混み合うこともあり、順番待ちで時間を取られることがあります。早めにして欲しいと申し出ると、優先的に審査してくれます。

3.本人確認の電話を受ける

申し込みフォームの内容で仮審査に通過すると、本人確認の電話が来ます。ここで確認されるのは以下の事項です。

  • 本人の申し込みであることの確認。
  • 申込内容の確認。
  • 借入の目的の確認。
  • 勤続年数が会社の概要といった勤務先情報。
  • 他社での借入状況

4.在籍確認

本審査では、勤務先への在籍確認が行われます。本当に申告した通りの職場に在籍しているかどうかの確認です。審査担当者が直接職場に個人名で連絡をします。

あまりいい気分ではありませんが、社内の人に借入の申し込みが発覚しないように連絡してくれるので、素直に従いましょう。

5.審査に通ったら

審査の結果は、申し込み完了画面やレイクALSAの公式ホームページの「審査状況確認画面」などで確認することができます。また、審査結果通知のメールも来ます。

審査に通過していれば、次は契約手続きに移ります。振込融資を受けるには、契約手続きフォームで振込先の口座情報を登録しましょう。

画面の案内に従って契約を進めて、最後に必要書類をメールなどで提出します。これをレイクALSAが確認して問題がなければ契約完了となり、借入可能な状態となります。融資を受けて指定した振込先に送金しましょう。

レイクALSAの即日融資に通りやすくするには

希望融資額を低めに

申し込み当日に即日振込で融資を受けるためには、審査にすんなり通過できなければなりません。審査担当者を悩ませることなく、無事に審査に通るためにはいくつかのコツがあります。

他社の借入件数が少ないことや、信用情報において問題がないことなどの前提条件をクリアしている前提で第一条件となるのが、「希望する融資額を低めにする」ということです。

レイクALSAは消費者金融業者ですので、総量規制の適用を受けます。これは、「利用者の年収の3分の1以上を貸し付けてはならない」とする規制です。

だからといって、年収の3分の1ギリギリを限度額として希望すると、審査では不利になってしまうので注意しましょう。

少額であるほど貸す側としてもリスクが低いと見積もられるため、審査のハードルが低くなります。これは実際にネットユーザーの何人もがトライして得られた結果で、希望限度額は低いほど審査には短時間ですんなり通ることが分かっています。

たとえば年収が300万円あるなら、総量規制のうえでは100万円まで申し込みができます。とはいっても50万円以上で申し込みをすると収入証明書の提出が必要となります。

ここでどの程度を申し込むのかが問題となりますが、基本的には必要最小限の金額で申し込みをしましょう。年収300万円なら、30万円以下が申し込みの金額として無難と言えるでしょう。

できれば10万円くらいにしておき、まずは審査に通ることを重視します。

10万円で申し込みをして、レイクALSAのほうから「30万円までお申し込みが可能ですが」などと言われたら、それに従ってもいいでしょう。

土日祝日が休みのときの在籍確認

レイクALSAに申し込むのが土日祝日であるときには、在籍確認が問題となります。

会社勤めの人は、普通なら土日祝日は会社も休みであるため、職場に電話連絡して本人の在籍を確認するのが困難です。この場合には事前にしっかり対策しておく必要があります。

何もしなければレイクALSAの担当者が休業日の勤務先に電話してしまい、誰も電話に出なければ在籍確認が完了しません。そのため、審査結果の通知が翌日に持ち越しになってしまう可能性もあります。

土日祝日休みの人がレイクALSAで即日融資を希望するときには、申し込みが完了したらすぐにフリーダイヤルに連絡して相談しましょう。

レイクALSAでは、やむを得ない事情があるときには、電話連絡以外の方法で在籍確認を取ってくれることがあります。

ただし、これは審査結果次第です。レイクALSAの判断によっては、平日に電話連絡して在籍を確認できないと審査に通せないというケースもあります。

もし、電話連絡以外の方法で在籍を確認するという場合には、たとえば給与明細書や源泉徴収票などの書類を提出するということが考えられます。実際に、給与明細書の提出で済んだという報告も多数寄せられています。

会社が休業の日に申し込みをする際には、本人確認書類だけでなく「在籍が確認できる書類」も準備しておきましょう。

申し込みで不備がないように

即日融資を成功させるためには、審査担当者に疑問点がないように申し込むことが何より重要です。ここで注意したいのが、申込内容や必要書類の不備がないことです。

消費者金融で審査を担当していた人への匿名インタビューが公開されていますが、そこでは「申込書の記入ミスが非常に多い」ということが語られています。

手続きの過程や必要書類の不備が原因で、申し込み当日に契約できないケースが非常に多いことが報告されています。

たとえば以下のような点に注意しましょう。

  • 申し込みフォームの入力間違い
  • 本人確認書類の写真がぼやけていて、本人であることが確認できない。
  • スキャンした書類が部分的に欠けている。
  • 本人確認書類や収入証明書の期限が切れている。

こういったケースでは、書類を再度提出することで契約できますが、本人が指摘に気が付かないことも多くあるため、提出して連絡待ちしているだけでなく、メールなどに注意しましょう。

レイクALSAのWeb申し込みでは、審査状況を会員ページから確認できます。時間が経っても審査が進んでいないときには、何かしら不備があったかもしれないと考えて、電話連絡して確認してみましょう。

審査に落ちやすいパターン

レイクALSAに限りませんが、以下のようなケースでは審査に通りにくくなります。

  • 収入が「安定している」とみなされないとき(月に1回以上の収入がないなど)。
  • 過去に金融事故を起こしたことがある(自己破産や個人再生、ローンの延滞など)。
  • 他のカードローンからの借入件数が5件以上ある。
  • 貸金業者からの借入総額が年収の3分の1ギリギリである。
  • 申込時に記載した勤務先で働いていることが確認できない。
  • 産休、長期休暇などで休職状態にある。

まとめ

レイクALSAはモアタイムシステムに参加しているので、申し込み当日中に審査に通過できれば即日振込で融資を受けることができます。

まずはしっかりと審査に通過できるように準備を整えましょう。