レイクアルサ(レイクALSA)

レイクアルサ(レイクALSA)はどこが保証会社?利用者にどう関係するの?

レイクアルサ(レイクALSA)の公式ホームページの「規定および同意確認」を見てみると、契約は「新生ファイナンシャル株式会社」と締結するものと記載があります。

この会社がレイクアルサ(レイクALSA)の保証会社で、審査や契約、返済が滞ったときの代位弁済まで行います。

レイクアルサ(レイクALSA)の保証会社は新生ファイナンシャル株式会社

保証会社とは?

お金を借りるにあたって、「誰がその返済を保証するのか」というのはひとつの大きな問題です。

特にお金を貸すことを業務として行っている「金融会社」と個人とでは、お互いをまったく知らない状態ですので、そこには信頼関係というものが存在しません。

知らない人にお金を貸すにはリスクが伴います。そこで必要となるのが「保証人」や「担保」です。

保証人は、借主が返済できなくなったときに代わりに返済をする人で、担保は返済不能になったときに売却して貸したお金を回収するためのものです。

レイクアルサ(レイクALSA)を始めとする消費者金融業者のカードローンは、契約において「担保・保証人が不要」なローンです。もし借りたほうが返済できない状態に陥ったときに、資金が回収できないリスクがあります。

この資金回収のために存在するのが「保証会社」です。

消費者金融は、借主が返済不能になったときに保証会社に代わりに返済してもらいます。融資が焦げ付いたときに代わりにお金を支払うというのが「保証会社」の役割です。

多くの銀行や消費者金融が保証会社を使って融資をしています。たとえば以下のような関係があります。

銀行と保証会社

銀行 保証会社
三菱UFJ銀行 アコム株式会社
じぶん銀行
ソニー銀行
三井住友銀行 SMBCコンシューマー・ファイナンス
みずほ銀行 オリエントコーポレーション
楽天銀行 セディナ

銀行では保証会社が指定されていますが、多くは消費者金融やクレジットカード会社です。SMBCコンシューマー・ファイナンスは消費者金融のプロミスを運営している会社です。

保証会社はなぜ生まれたのか?

保証会社は元々、カードローン事業者のリスク回避のために生まれたものです。かつて、カードローン事業者には回収不能リスクが高まったことがあり、それによる悪影響が及んだ時期があるため、リスク軽減のために生まれました。

金融に関わる法律の重要なものとして利息制限法があります。字の通り、「貸金業者や銀行は個人にお金を貸すときにこれ以上の利息を取ってはいけない」とする法律です。

これが改正されて、カードローンを取り扱う事業者は法律で定められた以上の金利を付けて貸し出しすることができなくなりました。カードローンは金利を付けてお金を貸し出すことで経営が成り立っています。

金利が制限されると、利息収入が減るため、直接的に利益が圧縮されてしまいます。利息制限法の改正で利益が減ってしまったカードローン事業者は経営が苦しくなります。

利息制限法によって金利の上限が定められたことによって、それ以上の金利で利息を得ていた消費者金融は、上限以上の金利を借り手に返還することになりました。

一時期、CMでも盛んに取り上げられていた「過払い金請求」というものです。過払い金請求は消費者金融の経営を圧迫し、なかには倒産してしまう事業者も相次ぎました。多くの消費者金融がこの時点で銀行のグループ会社となっています。

このとき、消費者金融ビジネスはリスク軽減のために保証会社を作って、そちらに審査や連帯保証を一任するようになって、現在の消費者金融業界が形成されています。

新生ファイナンシャル株式会社とは?

レイクアルサ(レイクALSA)の保証会社となっているのが「新生ファイナンシャル株式会社」です。これは新生銀行の子会社で、様々な金融機関と提携して個人向け無担保ローン商品の保証提携業務を展開しています。

レイクアルサ(レイクALSA)と契約しているということは、新生ファイナンシャル株式会社による審査を通過しているということを意味します。

レイクアルサ(レイクALSA)は消費者金融業者として、いわば窓口となって顧客を募集しています。Web申し込みやスマホATM取引などのサービスを提供し、分かりやすく便利に金融を利用できるようにしています。

レイクアルサ(レイクALSA)と契約する際には、「保証人」「担保」は不要です。新生ファイナンシャル株式会社が、申込者の連帯保証を引き受けているからです。

保証会社である新生ファイナンシャル株式会社は、レイクアルサ(レイクALSA)を利用している人がお金を返せなくなった場合に備えて連帯保証をつけて、カードローンに損害が出るのを防いでいます。

事実上の審査を行っているのは、実はレイクアルサ(レイクALSA)ではなく、新生ファイナンシャル株式会社で、契約書にもそのような記載があります。

保証会社は何をするのか

審査を行う

保証会社の大きな役割のひとつが、カードローンの審査です。

レイクアルサ(レイクALSA)に申し込むと、保証会社の新生ファイナンシャル株式会社が、申込者が本当に返済できるかどうかを審査します。審査の内容や基準は公表されていません。

年収がいくらなら融資できるとか、勤続年数が何年くらいなら大丈夫といった基準は、秘匿性の高い情報であるため、正確なところは分かっていません。ただ、様々な検証からおおよそのことが推測されています。

保証会社の新生ファイナンシャル株式会社が審査するのは、次の事項であるとされています。

  • 年齢:融資条件の範囲であるかどうか。
  • 勤務情報:年収・勤続年数・雇用形態(正社員、派遣社員、パート、アルバイト、自営業など)。
  • 他社からの借入状況:銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードなどの契約や借入・返済の状況。
  • 職場への在籍確認。
  • 信用情報機関への照会。

どれひとつ取っても重要ですが、特に重視されるのが信用情報機関への照会です。

日本には3つの個人信用情報機関があり、そこには誰がどこでいくら借入があるか、残高はいくらか、返済に遅れがないか、今まで自己破産や任意整理などの債務整理の履歴はないかなどの情報が登録されています。

審査の過程で、本人の氏名・生年月日から情報を調査して、審査の参考にします。

代位弁済を行う

保証会社が審査に通過させた人に対して、レイクアルサ(レイクALSA)は契約を締結し、カードを発行するなどの手続きを採ります。

表面上はレイクアルサ(レイクALSA)と契約したようですが、法律上も契約は新生ファイナンシャル株式会社が相手先です。

しかし、審査で問題なしと判断された利用者であっても、ときには返済が滞ってしまうことがあります。このとき、保証会社が再び関わりを持つことになります。

保証会社は、業者に対して「この人は貸しても良い」と判断しており、その返済が滞ってしまうのは保証会社の責任となります。

そのため、利用者が返済を滞納したときに、保証会社は利用者に成り代わって業者に借入残高を一括で立て替えて精算します。

レイクアルサ(レイクALSA)は損失を免れ、「債権が保証会社に移転する」という事態になります。これを代位弁済と呼んでいます。

この代位弁済の制度があるため、レイクアルサ(レイクALSA)は無担保かつ保証人なしで貸し出しできます。代位弁済を行うと、レイクアルサ(レイクALSA)が持っている債権は保証会社に譲渡され、利用者への残金の請求権を得ます。

保証会社が代位弁済をしたからといって、レイクアルサ(レイクALSA)を利用した人の借金が消えるわけではありません。債務はそのまま残ります。返済する先がレイクアルサ(レイクALSA)から新生ファイナンシャル株式会社に移っただけです。

代位弁済が行われるとどうなる?

代位弁済が行われると、個人信用情報機関に記載されます。個人信用情報機関は消費者金融業者からクレジットカード会社まで金融機関の多くが閲覧できます。

信用情報機関には契約の申し込みから締結、返済、分割払い契約などといった情報がすべて登録されており、金融機関は許可を得たうえで閲覧できるようになっています。

借入や返済を契約通りに行っている間は何の問題もありません。しかし、保証会社が代位弁済を行った場合には別で、金融事故として扱われます。

個人信用情報機関には、代位弁済が行われると「異動」という名称で記録が残ります。異動情報が記録されている人に対しては、消費者金融業者・銀行・信販会社・クレジットカード会社はお金を貸しません。

記載された時点で、ほぼすべてのカードが使えなくなり、新規に契約することもできなくなります。俗に「ブラックリストに載る」と言われる状態になります。

ブラックリストとは、実際にそのようなリストがあるのではなく、個人信用情報機関に「異動」などが記載されることです。

いったんブラックリストに載ると、ローンの審査に通ることはほとんど不可能になります。代位弁済で「異動」と記載されると、どの記録は約5年間残ります。その間は、消費者金融業者でも銀行でも、借入の審査で否決されます。

新生ファイナンシャル株式会社が代位弁済するケースを解説

求償権が移行する

代位弁済は、お金を借りている人(債務者)が返済できなくなったときに、第三者が成り代わってお金を貸した側(債権者)に借金を返済することです。

レイクアルサ(レイクALSA)に返済できなくなったら、新生ファイナンシャル株式会社が代位弁済を行います。

保証会社は、レイクアルサ(レイクALSA)が貸し付けを行うときに、利用者の審査を行っています。保証委託契約と言う制度で、カードローンで多く利用されています。利用者が返済を一定期間おこたると、保証会社が代位弁済を実行することになっています。

このとき、債権者に代わって債務者に返済を請求できる権利である「求償権」は保証会社に移動します。求償権を得た保証会社は、債権者と同様の権利を行使することができます。

代位弁済を行った時点で、保証会社が返済を請求してきます。利用者が返済をする先がレイクアルサ(レイクALSA)から新生ファイナンシャル株式会社に代わるということです。

保証会社から通知が届くということは、事態が次のステップに入ったことを意味します。

「聞いたことのない業者から請求が来た」とか「自分には関係のない通知だ」と思って無視していると、取り返しのつかない事態に陥りますので、迅速に対応する必要があります。

3つのリスクが発生

レイクアルサ(レイクALSA)への返済を延滞・滞納して新生ファイナンシャル株式会社が代位弁済を行うと、債務者は以下のようなリスクを抱えることになります。

1.一括請求

代位弁済を行われると、保証会社からは残った債務額の全額を一括払いで請求されます。

債務者は元のレイクアルサ(レイクALSA)とは「分割払い」「リボ払い」で契約していますが、保証会社とはそういった契約はしていないからです。

新生ファイナンシャルは、すでに代位弁済によってレイクアルサ(レイクALSA)に全額返済をしています。その額をそのまま請求されます。

2.カードの利用停止

代位弁済が行われると、信用情報機関に金融事故情報として記載されます。ブラックリストに載るという事態が発生します。

その影響で、クレジットカードやローンカードが利用停止になり、たとえばクレジットカードの新規作成はできなくなりますし、他のサービスも使えなくなります。

家賃やネットの利用料金、電話料金などをクレジットカード払いにしている場合には、決済ができなくなります。

3.遅延損害金

借りたお金を返さないと、遅延損害金が継続的に発生します。代位弁済が実行された後も返済を無視していると、遅延損害金が加算され続けます。

遅延損害金は利息と同じく、年率で日割り計算します。滞納が延びるほど、遅延損害金の額も増えていきます。

遅延損害金は通常の利息よりも金利が高く設定されており、レイクアルサ(レイクALSA)の保証会社である新生ファイナンシャル株式会社の場合には年率20%となっています。通常の金利は年率18%なので、それよりも高い金利設定です。

代位弁済の請求を無視すると?

レイクアルサ(レイクALSA)への返済をしないまま放置すると、いずれ保証会社である新生ファイナンシャル株式会社がレイクアルサ(レイクALSA)に対して借入額の全額を一括で返済します。

それよりも前に、たとえばレイクアルサ(レイクALSA)のほうから催促の連絡もありますし、督促状の送付もされているはずです。

代位弁済が実行されるというのは、借りた本人にまったく返済の意思がない悪質なケースに限ります。

借金のことについて責任を取ろうとしていないという扱いです。保証会社としても、返済しなければすぐに代位弁済に踏み切るわけではありません。

支払いを放置しただけでなく、消費者金融業者への連絡や相談を怠る人であると判断されるときに、代位弁済は実行されます。

代位弁済が実行された時点で、借主の債権は保証会社に移転します。ここからはレイクアルサ(レイクALSA)ではなく、新生ファイナンシャル株式会社と債務者という立場となります。

保証会社はさらに支払いを依頼するため、請求通知という書面を送ってきます。さらにこれを無視すると、次は裁判所を通して請求が来ることになります。

保証会社は裁判所から請求を認めてもらい、強制的に財産を差し押さえる「強制執行」の許可をもらうことを試みます。

この段階でも、裁判手続きに参加したり、裁判手続き以外のところで交渉したりすることによって和解の提案をすれば、差し押さえはされません。

ところが、そういった手続きをまったく取らないと、最終的には強制執行によって預金口座や給与を差し押さえられてしまいます。

代位弁済の予兆とは

1.督促状や催告書

代位弁済は借主が知らない間に抜き打ちで行われることはありません。法的に厳しい措置を採ることもできるものですので、予告・予兆が必ずあります。

レイクアルサ(レイクALSA)からの催促連絡などを無視して滞納状態が1ヶ月から3ヶ月ほど続いたとき、自宅に督促状や催告書が届きます。

この時点では、まだ裁判所の介入はありません。この通知書には、指定期日までに返済することを求める内容が記載されています。

2.期限の利益の喪失予告通知

督促状や催告書を無視して、滞納状態が3ヶ月から6ヶ月続くと、自宅に「期限の利益の喪失予告通知」というものが届きます。

この通知書に記載されているのは、「滞納が続けば分割で返済する権利が失われる」という内容です。「期限の利益」とは、債務者が保有している権利を意味します。

  • 返済期限までに借入金を返済すれば良い。
  • 返済期限までは借金を分割返済できる。

この権利を喪失するということは、期限までに返済が行われなかったことを理由として、債務者には今すぐに借金を一括返済する義務が生じることを意味します。

3.代位弁済通知

「期限の利益の喪失予告通知」に記載された期日までに返済できなければ、この権利が喪失し、保証会社から代位弁済通知が届きます。

代位弁済が実行されると、保証会社に対して指定日までに遅延損害金を含めた借金を返済す義務が生じます。

代位弁済への対処方法

代位弁済が実行された場合には、遅延損害金を含めた債務を一括返済しなければなりません。もし返済することができなければ、財産の差し押さえが待っています。

このとき、たとえば親族などからお金を借りることができれば、返済できますし、誰か知り合いにお金を肩代わりしてもらってもいいでしょう。住宅を任意売却したり、換金価値のあるものを売ることによってお金を工面するという方法もあります。

もし、こういった手段がなく、自分の収入では返済しきれないとなった場合には、債務整理をするしか方法はありません。

債務整理は、借金を減額したり免除したり、または支払いに猶予を持たせたりすることによって、債務者の生活再建をうながす法的措置です。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった選択肢があります。どういった手続きが有効なのかは個人差があります。そのため、弁護士などの法律の専門家に相談するほうが良いでしょう。

相談先が分からないときには、ネットで「法テラス」を検索して、近くの窓口に行きましょう。借金問題を専門とする法律家を紹介してもらえます。

まとめ

レイクアルサ(レイクALSA)の保証会社である新生ファイナンシャル株式会社は、実質上の契約相手です。この保証会社が申込者を審査して、借入が可能になります。

もし、返済に問題があった場合には代位弁済によって借金を全額返済します。その後は債務者と保証会社とのやり取りによって問題を解決していく流れになります。