レイクアルサ(レイクALSA)

レイクALSAの増額審査に通るには?コツや方法をご紹介!

すでにレイクALSAを利用している人のなかには、今の限度額では足りないと思っている人も多いでしょう。

とはいっても、レイクALSAの限度額の増額は誰でもできるわけではありません。増額できる人の条件も決まっていますし、再審査も必要になります。

レイクALSAの増額審査に通る人とは

増額の案内が来ている人

現在のレイクALSAの契約額から増額するには一定の条件を満たしている必要があります。

最も増額できる可能性が高いのは、レイクALSAから「増額の案内」が来ている人です。

レイクALSAのほうで「この人は優良顧客だ」と判断したとき、その人には様々な方法で「増額できる可能性があります」という打診を送ることになっています。

この打診が来ている人すべてとは言い切れませんが、かなり高い確率で増額審査に通ります。

増額の案内は、たとえばメールで届きます。とはいえ、「お得な情報ご案内サービス」に登録して利用しているユーザーに限られます。

そうでなくとも、会員ページや新生銀行ATMから増額の申し込みができるという案内が来ることもあります。

限度額を増額できるのは、レイクALSAだけでなく他のローンやクレジットカードの返済などで遅れがない人です。返済の遅れは、1日や2日程度では問題になりませんが、業者によっては重視するところもあります。

消費者金融やクレジットカード、分割払いなどの支払いに遅れがないというのは、ほとんど絶対と言ってもいいくらいに必須です。

増額案内の確認方法

レイクALSAの場合、以下の4つの方法で象が増額できるかどうか確認することができます。

1.会員ページ

まず第一に、公式サイトの会員ページにログインして「ご利用限度額アップのご確認、お申し込み」のページで確認するという方法があります。

ここで増額の対象になっていたからといって必ず増額できるわけではありませんが、ひとまずは増額の対象になっているかどうかは確認できます。

この増額案内は、レイクALSAでの返済状況が好調である人に表示されます。この時点では、あくまでレイクALSAの社内的に見て、良いお客さんであると認識されているに過ぎません。

まだ何も審査していない段階で表示されるものですので、鵜呑みにしないようにしましょう。

2.会員メール

もうひとつには、契約者専用のメールサービスで確認する方法もあります。これは事前に「お得な情報ご案内」に登録している場合に限られます。

なるべく消費者金融の利用が発覚しないようにしている人なら、こうしたサービスには登録していないかもしれません。

ここでも、メールが届いたからといって増額審査に通るとは限りません。会員ページの場合と同様、あくまで社内的に良いお客さんと認識されているに過ぎません。

3.新生銀行のATM

3つ目には、ATMで確認する方法もあります。ATMといっても、コンビニなどの提携ATMや提携銀行のATMでは確認することはできません。

レイクALSAのグループ会社である新生銀行のATMのみです。

新生銀行のATM画面で「ご利用限度額アップその他ご契約変更」をタッチすると、増額対象者であれば手続きができるようになっています。

4.コールセンターに連絡

また、レイクALSAの会員フリーダイヤルに電話して確認することもできます。

フリーダイヤル「0120-09-09-09」に電話すると会員メニューによって番号を選択するようになっていますが、オペレーターに直接つなげるためには「3」を押して呼び出すようになっています。

オペレーターが対応してくれるのは、平日の午前9時から午後6時までとなっています。夜間や土日には対応していないので注意しましょう。

「優良顧客」とはどういう人か?

レイクALSAで追加融資のために限度額の増額をしたいのであれば、公式サイトの会員ページにログインしてみましょう。最も簡単に分かる方法です。

すでに優良顧客と認識されている人の場合には、会員ページの冒頭に赤い文字で「ご利用限度額のアップと利率ダウンのご案内について」という表示が出ています。

この表示が出るということは、レイクALSAのほうで「この人は優良顧客だ」と認定しているという意味です。

表示が出ていれば「会社を辞めた」「急な収入のダウンがあった」などの大きな変更項目がなければ増額の可能性は高いでしょう。

ここで言う「優良顧客」は以下のような人です。

  • レイクALSAだけでなく他社からの借入でも延滞や遅延をしたことがない。
  • レイクALSAを含めた全体の借入の残高が減っている。
  • 利用実績や返済実績が優良である。
  • 給与などの定期的な収入があり、勤続年数が長く年収が高い。

「レイクALSAの増額審査に通るには、契約してから6ヶ月以上経過していることが必要」と良く言われていますが、契約後1ヶ月後に増額の案内が来て、すぐに審査に通過できたという事例もあります。

適度に借りていることが重要

レイクALSAに限らず、あらゆる消費者金融業者に言えることですが、増額してもらうには「適度に借りている」ことが重要です。

ここで言う「適度」というのは、レイクALSAにとってメリットのある人を意味します。

消費者金融業者は個人の消費者にお金を貸して、その利息を収益としている会社です。商売相手としては、しっかり利益を生み出せる人を優遇するのは利益を追求する会社としては当然とも言えます。

そういった意味で、「適度に利用している人」はレイクALSAにとっても良いお客さんということになります。

たとえば、レイクALSAに契約していても、まったく借りていない人には増額の案内は来ません。借りたお金を利息も含めてきっちり滞りなく返済している人が、消費者金融業者にとっては優良顧客です。

利息を遅れることなく支払ってくれる人は、消費者金融業者にとっては良いお客さんであるのは当然でしょう。

レイクALSAと契約していて、限度額の範囲内で借りている人であって、しかも遅れることなく返済していることは、増額審査に通るためには必須の条件です。

レイクALSAでの限度額の増額申請の流れ

増額案内があるとき

レイクALSAから増額の案内が届いている人は、優良顧客として認められているため、限度額を上げやすい傾向があり、申し込みから審査が終わるまでの時間も短く済みます。申込方法は以下の4つです。

1.会員ページから

レイクALSAの会員ページ内にある「増額確認」のボタンをクリックして、増額の申し込みをするのが最も手軽で簡単な方法でしょう。

その場で申し込みができるので、自宅など場所を選ばず申し込み可能です。申し込みは24時間365日受け付けています。

2.自動契約機・ATMから

自動契約機や新生銀行ATMからでも増額申し込みができます。平日だけでなく、土日祝日でも営業しています。

受付時間

月曜~土曜 午前9時~午後10時
日曜日 午前9時~午後7時

自動契約機や新生銀行ATMで申し込みするメリットは、併設されている電話を利用してレイクALSAのオペレーターと直接話をすることができる点です。

増額手続きで疑問に思った点や不明な点をその場で解決できます。

平日には用事があってオペレーターと直接話しながら申し込みできない人でも、土日祝日にも相談しながら増額審査を受けることができます。

3.電話

電話も手軽な方法です。レイクALSAのフリーダイヤル「0120-09-09-09」に電話して増額の申し込みをしましょう。

電話での増額申し込みでは、その場でオペレーターと直接話ができるので、来店不要で手続きの疑問点を相談できます。

ただし、フリーダイヤルの受付時間は平日の午前9時から午後6時までですので、注意しましょう。

案内が来ていないとき

レイクALSAから増額の案内がない場合でも、公式サイトの会員ページや自動契約機などを使って増額の申し込みをすることができます。

レイクALSAは、新規申し込み同様、増額の審査でもスピーディです。仮審査は15秒程度が完了します。

増額が可能と判定されたら、フリーダイヤルに連絡しましょう。本審査が実施されますが、増額案内が来ていない人の場合には、本審査に1日以上要することもあります。

増額は土日でもOK?

レイクALSAのメリットのひとつが、土日祝日でも審査をやっているという点です。増額審査も土日祝日でも実施しています。

注意したいのは、増額審査では収入証明書が必要になるケースが多いという点です。

いったんレイクALSAのほうで契約した限度額をアップするという審査ですので、利用者には充分な収入があって返済能力があることが確認できないと増額できないことは非常に多くあります。

収入証明書の提出の仕方にはインターネットを使う方法と自動契約機を使う方法の2種類がありますが、タイムリミットが異なるので注意しましょう。

期限を過ぎてから提出すると、審査結果の回答が翌日に持ち越しになります。

  • インターネットのタイムリミット:平日午後2時
  • 自動契約機:土日祝日でも午後10時

初回申し込みでは、インターネットを利用したという人でも、増額審査では自動契約機に行ったほうがいいかもしれません。

実際に増額できる金額は?

実際にレイクALSAの増額審査に通った場合に、どの程度の額が増枠になるかは利用者次第というところがあります。

利用者の収入と限度枠との兼ね合いなどを考慮したうえで増額が決定しますが、あまり高額のアップは期待しないほうがいいでしょう。

利用者によって若干の違いはありますが、アップするのは10万円から20万円程度です。

収入から見ても問題がないと考えられる場合でも、1回の増額申し込みで100万円を超える増枠はされない傾向があります。

これはどの消費者金融業者でも同様の傾向があり、利用実績に問題がないケースでも、増額は10万円から20万円程度です。というのも、あまりに高額の限度額を渡してしまったせいで、利用者が借りすぎてしまうことは業者にとってもリスクになるからです。

もし利用者が自己破産したり個人再生したりしてしまうと、業者としては得られるはずの利息収入が期待できなくなります。そのため、どの業者でも限度枠アップにはあまり積極的ではありません。

追加融資までにかかる時間は?

増額の申し込みをしてから追加融資ができるようになるまでに要する時間はおよそ30分から1時間程度です。

レイクALSAの営業時間にもよりますが、新規の申し込みでの審査時間よりは短い傾向があります。

収入証明書を提出したり、または高額の融資を希望したりしていない限り、それほど長い時間はかかりません。

レイクALSAの審査は全体的に、すんなり通過できるか、すぐに否決されるかの2択と言われており、かなり明確な基準をきっちり適用していると推測されています。

通るときには、あっけないほど簡単に通り、否決される場合も決断がスピーディというのがレイクALSAです。

注意したいのは、増額案内が来たからといって必ずしも審査に通るわけではないという点です。ほとんどの消費者金融業者は、自分のカードローンの返済状況や借入残高、申し込み内容などの情報だけを確認して増額の案内を出しているからです。

そのため、他社のカードローンで借入があって収入との兼ね合いからギリギリという状態であっても、レイクALSAの返済を遅れることなく実行しているときには、増額案内は送られてきます。

増額審査で注意したいこと

収入証明書が必要なケース

レイクALSAの増額審査で注意したいのが、収入証明書が必要な場合があるという点です。事前に準備したうえで申し込みをしたほうが良いでしょう。

増額申し込みのときに、収入証明書が必要になるのは以下のような場合です。

・レイクALSA1社だけで50万円を超える利用限度額を希望している。

・他の消費者金融業者の借入額と合わせて100万円を超える利用限度額を希望している。

上記の2点は貸金業法にも記載されていることですので、当てはまるケースでは、事前に準備しておきましょう。

また、これ以外のケースでも、収入証明書の提出が求められることがあります。

公式サイトにも以下のような記述があります。

「最新の収入を証明する書類をご提出いただいておりますと、ご契約額の増加を検討させていただく際に正しく算出することができます。」

良く言われることですが、消費者金融業者を利用しているときに向こうから求められてもいないときに、自分から収入証明書を提出していると、心証が良くなって審査で好都合です。

「この人は金融の利用の仕方が分かっている」と判断されます。年収のアップがあったときに、その年の収入が証明できる書類を提出しているときには「できる人」と評価されます。

レイクALSAで収入証明書として認められるのは以下のような書類です。

・源泉徴収票

・住民税決定通知書、納税通知書

・税務署の収受日付き印または電子申告の受け付け日時の記載がある確定申告書

・所得(課税)証明書

・直近2ヶ月分の給与明細書と直近の賞与明細書

在籍確認は基本的に実施されない

レイクALSAの増額審査では、申込者の勤務先が契約時と変わっていないのであれば、在籍確認の電話連絡を行いません。

在籍確認は新規申込者の返済能力を確認することが目的で、すでにレイクALSAで契約している人に対しては、それは必要ないと判断されているためです。

ただし、転職など契約時に申告した勤務先と現在の勤務先が異なっているケースでは、増額審査のときに在籍確認を再度実施することもあります。これもケースバイケースで、必ず実施するわけではありません。

限度額の上限は年収の3分の1まで

増額審査を受ける前にぜひ確認しておきたいのは、年収に対する借入額の割合です。レイクALSAは貸金業者であるため、貸金業法の適用を受けます。

貸金業法では、「利用者の年収の3分の1以上を貸し付けてはならない」とされており、これを超えた額を貸し出しすることは禁止されています。

総量規制と呼ばれる規制で、これに抵触する貸し付け行為に対しては厳しい罰則が課せられるため、どの業者も遵守しています。

たとえば年収が300万円で、レイクALSAから50万円を借りている場合には、増額できる金額の上限は50円となります。

注意したいのは、総量規制は「貸金業者からの借入全体」で計算するという点です。

年収300万円でレイクALSAから50万円借りていて、さらに別の業者から20万円借りているとき、レイクALSAで増額できるのは、30万円までとなります。

こういう人は増額審査に通らない

増額の案内が来たからといって、必ずしも審査に通るとは限りません。特に以下のような場合には、かなり可能性は低いとみていいでしょう。

・新規申し込み以降に転職して年収が下がった。

・増額案内が届いた日以降に、他の業者から総量規制ギリギリまで借入した。

・他の消費者金融業者やクレジットカードの返済を延滞している。

特に注意したいのが、収入が減少したケースです。

このとき、もし増額の申し込みをしなければ利用限度額はそのままですが、申し込みをしたせいで収入の減少が発覚して逆に限度枠の減額になってしまうこともあります。

利用者に安定した収入があるのは、消費者金融業者にとっては最重要な要素です。転職した直後で、勤続年数が短いときには「収入が安定していない」とみなされることもあります。

まとめ

レイクALSAは新規申し込みでも限度額の増額でも、審査は非常にスピーディです。増額されるのは10万円から20万円程度で、総量規制を超えることもできません。

自分の収入に対する借入額の割合を考慮したうえで申し込みましょう。