おまとめローン

北海道でおまとめローンを利用するならどこがいい?

北海道にも、地方銀行や消費者金融業者などおまとめローンに対応している地元の金融機関があります。地元の人を対象にした地方の金融機関ならではのサービスも提供されています。

北海道銀行のフリーローンをおまとめローンとして使う

道銀ベストフリーローンの概要

北海道銀行には、いくつかおまとめローンとして利用できるフリーローンがあります。

道銀ベストフリーローン」はWeb完結型のローンで、申し込みから契約まですべてインターネット経由で済ませることができて、契約などで来店する手間を省いたものです。

金利も低めの設定ですので、今までの借入金を一括して借り換えすることにはメリットが多くあります。

申し込み条件
  • 融資時満20歳以上65歳未満で、完済時に満70歳未満の人
  • 北海道銀行に普通預金口座を持っていること
融資額 10万円~300万円
金利 3.8%~14.0%
融資期間 7年以内
資金使途 自由(事業資金以外)
株式会社オリエントコーポレーションの保証が受けられることが条件です。

担保や保証人は不要です。保証が受けられるのであれば、パートやアルバイト、主婦の人でも申し込み可能です。資金使途は生活資金でも借り換えでも、投資資金でも可能で特に制限はありません。

この「ベストフリーローン」にはWeb申し込みだけでなく郵送受付型もあり、申し込み条件などは同じです。ただし、適用される金利が14.95%の固定金利になるので注意しましょう。

Web申し込みは銀行側の手間がかからない分、低い金利が適用されます。

道銀ライフローンの概要

北海道銀行には、資金使途を確認する書類があれば多彩な用途に使える資金の融資を行う「道銀ライフローン」というフリーローンもあります。

良く使われる用途としては、ブライダル資金や旅行資金、留学費用、資格取得費用などがあります。

おまとめローンとして使う場合には、借入先の明細書や契約書などを提示する必要があります。

申し込み条件
  • 融資時満20歳以上完済時満70歳以下の人
  • 前年度税込年収が150万円以上で引き続き安定して収入が得られる見込みがある人
融資額 10万円~300万円
金利
  • 変動金利4.925%
  • 固定金利5.50%
融資期間 6ヶ月以上7年以内
資金使途 自由(事業性資金を除く)・使途が確認できる書類を提示すること

前年度の年収が150万円以上ないと利用できませんが、個人事業主でも申し込み可能です。個人事業主の場合には業歴が3年以上必要です。

資金使途は、使い道が確認できる書類が提示できれば良く、自己資金などで支払いが1ヶ月以内であることが条件です。

道銀カード株式会社またはオリエントコーポレーション株式会社の保証が受けられることが条件です。担保や保証人は原則不要となっています。

審査の特徴

1.ベストフリーローンは審査が早い

ベストフリーローンは審査が早いことで定評があります。郵送ではやり取りに時間がかかりますが、Web申込型だと午前中に申し込みしておくと翌々営業日には審査結果が通知されます。

たとえば月曜日の午前中に申し込みしておくと水曜日には結果が伝えられます。

審査のスピードは銀行のローンとしては非常に早いと言っていいでしょう。融資までは、契約鉄続きが完了してから3~4営業日となっており、これもかなりスピーディと言っていいでしょう。

月曜日に申し込んでおけば次週の月曜には融資が受けられるという早さです。銀行のローンには、融資までに1ヶ月近くかかるものが多いため、これは大きなメリットと言えます。

2.道銀ライフローンには金利優遇制度がある

道銀ライフローンには、取引内容に応じて金利を優遇する制度があります。多くの地方銀行で導入されている制度です。これには、道銀取引優遇サービスの「ステップドゥ」を利用している必要があります。

ステップドゥは、たとえば道銀クレジットカードの加入やNISA口座開設、道銀Web専用口座の利用などによって「ステージ」を決定するもので、ステージが上がれば優遇も大きくなります。

最大引き下げ後の金利は以下のようになります。

  • 変動金利:2.425%
  • 固定金利:3.0%

北海道銀行のカードローンをおまとめローンとして使う

北海道銀行カードローン「ラビッド」の概要

北海道銀行には「ラピッド」という有名なフリーローンがあります。地方銀行のローンは利用地域が限定されるものが多いですが、ラピッドは全国どこに住んでいる人でも申し込み可能なローンです。

北海道銀行に口座がなくても利用できます。

申し込み条件
  • 満20歳以上75歳未満の人
  • 安定した収入ががある人
融資額 1万円~800万円
金利 年率1.9%~14.95%
融資期間 3年ごと自動更新
資金使途 自由(事業性資金を除く)

金利がかなり低く、高いメリットがあります。銀行のカードローンは通常、上限15%程度で消費者金融業者は18%程度ですので、低金利と言っていいでしょう。

また、利用可能年齢が75歳未満というのはかなり珍しい部類です。

多くの銀行のローンは利用可能年齢は60歳から65歳程度です。年齢制限が高いということは、審査がかなり柔軟であることを意味しており、この年齢制限に関係がない人にとっても注目しておきたいところです。

多くのメリットがある

1.金利

ラピッドの第一のメリットは低金利です。最低金利が1.9%は大手の銀行でもあまり提示されない数字です。

最も低いレベルと言っていいでしょう。

この最低金利が適用されることはレアケースですが、最低金利が低いというのは金利の引き下げをしてもらいやすいことも意味しますので、注目しておきましょう。

2.高齢者・専業主婦でも利用可能

申込可能年齢が75歳未満というのも、銀行のローンでは珍しいでしょう。仕事を退職して年金で収入を得ている人でも利用できます。

ただ、年金受給者は利用限度額に制限があることは推測できます。また、専業主婦でも申し込み可能で、配偶者に安定した収入があれば申し込めます。

3.即日融資に対応

また、ラピッドは即日振込融資にも対応しています。銀行のローンでは大変珍しいサービスです。おおよそ、平日の午後1時までに申し込めばその日のうちに審査を完了させて振込に対応してもらえます。

電話で申し込みすると優先的に審査してもらえます。

4.500万円以下は収入証明書が不要

カードローンの申し込みでは希望限度額が一定額以上になると収入証明書の提出を求められます。消費者金融業者では、希望額が50万円以上、他社との合算で100万円以上になるとき収入証明書の提示が必要です。

銀行のカードローンでは100万円以上の限度額を希望するときには、収入証明書を提出する必要があります。ラピッドの利用限度額は800万円までですが、希望額500万円以下は収入証明書なしでも申し込めます。

おまとめローンの利用可能

かなりの好条件で申し込めるラピッドですが、おまとめローンとして使えるかどうか心配なところです。通常、おまとめローンに使えるローンであれば、「借り換え可能」「他社借入のおまとめ可」などと公式サイトにも表示されますが、ラピッドの場合にはそういった記載はありません。

とはいっても、ラピッドをおまとめローンとして利用することは可能という情報が寄せられています。ただし、審査では厳し目になると言われており、この点は注意しましょう。

また、おまとめローンとして利用するからといって収入に比較して高額となってしまう融資を希望すると、審査では不利になるという点にも注意が必要です。

どのカードローンでも他社からの借入状況を記入する項目がありますが、ラピッドでは「借入件数」を重視するという情報があります。

3件から100万円借りているよりも、2件で100万円借りているほうが審査には通りやすい傾向があります。他社での返済状況も重要です。延滞や遅延が多い場合には、注意しましょう。

北洋銀行のフリーローンをおまとめローンとして使う

北洋フリーローンの概要

北海道札幌市に本店を置く北洋銀行は、3種類のフリーローンを提供していますが、そのうち「北洋フリーローン・すっきりプラン」はおまとめ専用ローンです。ただ、これは北洋銀行で住宅ローンを利用している人限定のプランです。

実際には「北洋WEBローン」がおまとめローンとして適しているでしょう。

申し込み条件
  • 申込時満20歳以上完済時満70歳未満の人
  • 北海道内に居住地を勤務先がある人
融資額 10万円~300万円
金利 変動金利3.8%~14.0%
融資期間 1年以上10年以内
資金使途 自由(事業性資金を除く)

株式会社ジェーシービーの保証が受けられることが条件です。金利が変動金利となっており、幅が広いので注意しましょう。審査で決定した金利を、プライムレートに応じて変動させるシステムです。

ただ、上限でも14%という低い水準に設定されているのでおまとめローンとしての使い勝手は充分と言えます。

地域限定のローン

北洋銀行のフリーローンで注意したいのは、いくつか限定のあるローンであるという点です。年齢制限として70歳未満というのは好条件と言えますが、居住および勤務地の制限があるので注意しましょう。
北洋銀行は北海道の地方銀行です。

そのため、申し込みできるのは北洋銀行の営業エリアである北海道に居住・勤務している人だけに限ります。また、北洋銀行の普通預金キャッシュカードを持っていることも条件となっています。

また、働いて収入を得ていることも絶対的な条件となっており、専業主婦の人は申し込みできません。ただ、安定して収入があれば良く、パートやアルバイト、個人事業主でも申し込みは可能です。

審査の基準は?

1.他社の借入件数

北洋銀行でおまとめローンを申し込む場合には、借入の件数が重要です。4社までが限界で、5つ目の申し込みが北洋銀行であるときには審査には通りにくくなります。他社借入件数は少ないほど審査では有利です。

理想的には3件の借入をまとめるように申し込むことです。4件の借入がある人は、利用残高が低いところは完済して解約までしておきましょう。

2.信用情報

おまとめローンの利用を検討しているということは、すでに返済に困っている状態でしょう。どこかの返済で遅延があるケースもあります。ここであまりに多くの遅延があったり、長期の延滞があったりしたときには審査では不利です。

信用情報には金融に関する個人的なデータが保存されています。審査に通りたいからといって、嘘の申告をしても審査落ちの原因になるだけですので正しく報告しましょう。

3.借入総額と年収

おまとめしたい総額と年収の関係にも注意しましょう。あまりに高額をおまとめしようとすると、審査落ちの原因となります。

一般的には年収の2分の1程度が限界と言われています。北洋銀行は大目に見てもらえるという情報もありますが、なるべくおまとめ対象の借入額は低めに申し込みしましょう。

4.地域密着型の消費者金融業者のおまとめローン

おまとめローンは大手の消費者金融業者や銀行のものが目につきがちですが、中小の業者でも提供されています。大手の審査に自信がない場合や、大手で断られてしまった場合には中小の業者も検討してみましょう。

中小の業者は大手の審査に落ちてしまった人でも審査に通してくれることが多くあります。

ビアイジ

1.道内に支店がある

ビアイジは京都市に本社を構える消費者金融業者です。プロミスやアコムに比べると規模は小さいですが、全国に8つの支店を出しており、北海道支店もあります。

それぞれの営業エリア内に居住または勤務していることが利用条件となっていますので、北海道在住の人には利用可能です。

1992年に設立され、近畿財務局長の認可を受けており、日本貸金業協会にも登録されている正規の業者です。闇金ではありません。

申し込みは通常の消費者金融業者と変わることはなく、20歳以上で安定した収入があり、返済能力があることが条件です。正社員だけでなく、派遣社員や個人事業主、パートやアルバイトの人でも申し込みできます。専業主婦でも年金受給者でも申し込み可能です。

2.おまとめに利用可能

ビアイジは中規模の消費者金融業者ながら、おまとめローンにも対応しています。相談次第という側面は強く感じられますが、公式サイトにも「旭川支店でおまとめローンキャンペーン実施中」といった記載があり、積極的におまとめローンを提供しようとしている姿勢がうかがえます。

消費者金融業者ですので、貸金業法に基づく借り換えローンになります。消費者金融業者とクレジットカードのキャッシング枠利用の借入をおまとめするローンです。申し込みでは、本人確認書類と収入証明書が必要になります。

あまり多くの口コミ情報はありませんが、対応は丁寧で分かりやすく、スピーディに回答してくれると好評です。

北海道キャネット

キャネットという名称の消費者金融業者は、全国の各地に存在しますが、1つの会社というより、それぞれに独立した会社で情報やノウハウの共有を行う「つながりの緩いチェーン」という会社です。

それぞれのキャネットには「同じ会社」という意識は低いと推測されます。北海道キャネットは迅速で独自な審査で知られる業者です。道内に7店舗を展開しています。

1.申し込み条件

申し込み条件
  • 申込時満20歳以上60歳以下の人
  • 安定収入のある人
融資額 5万円~300万円
金利 変動金利15.0%~20.0%
融資期間 5年ごと自動更新
資金使途 自由

担保・保証人は原則的に不要です。注意したいのは、大手の消費者金融業者では年齢上限がおおよそ69歳までなのに対して、キャネットは60歳までという点です。多少審査に厳しい傾向があると推測されます。

ただ、借入金の使途は個人事業の資金に利用できる点はユニークでしょう。通常の消費者金融業者ではキャッシングサービスで借りたお金を事業に回すことはできません

金利はおおよそ法定上限のものを採用していますが、おまとめローンの利用では審査次第で変わってくる可能性があります。

2.来店すれば即日融資可能

キャネットのメリットは、来店して申し込みして平日の午後3時までに契約が完了すれば即日で融資が可能という点です。ただし、営業エリアに居住している人に限ります。

デメリットとしては、返済方法が店舗窓口か銀行振込の2つしかない点、また収入証明書が必要という点でしょう。

新規契約の場合には限度額が低めに抑えられてしまうこともあります。実際に来店して相談しながら検討しましょう。

まとめ

北海道には地元の銀行に有利なおまとめローンがあります。大手の消費者金融業者も支店を出していますので、相談してみる価値はあるでしょう。