おまとめローン

おまとめローンで300万円以上をおまとめできる?

おまとめローンは基本的に総量規制の例外貸付ですので、年収による制限を受けません。理屈だけなら、いくらでも借りて良いことになります。

とはいっても、300万円以上の借り入れをおまとめするには、それなりに年収があることが求められます。

300万円以上の借り入れでおまとめローンの利用は可能?

どの程度の年収が必要か

複数の業者での借り入れが300万円あるとき、これをおまとめローンで一本化できるかどうかは、問題と言っていいでしょう。

同じ300万円でも収入のある人とそれほどない人とでは重みも違います。それは貸す側からしても同様で、300万円のおまとめローンの申し込みがあったとき、年収が400万円の人と600万円の人とでは対応が違ってきます。

総量規制の基本は「年収の3分の1以上の借り入れはできない」ということにあります。これで言うと、300万円を借りるには年収は900万円以上が必要になります。

個人属性といった他の審査ポイントもありますが、この場合にはおまとめローンの審査は問題がないでしょう。

年収が450万円の人は、借りられる金額は150万円までというのが総量規制で、通常の審査なら300万円の借り入れを一本化することは不可能です。ただ、おまとめローンは総量規制の例外貸付ですので一概には言えません。

例外貸付なら、年収300万円の人が300万円のおまとめローンを組むことも法律上は問題ありません。ところが、実際の運用ではそう簡単にはいきません。どのおまとめローンにもおおよその目安があり、それ以上の借り入れはできないことになっています。

一般的には年収の2分の1程度までとされています。年収が300万円の人は150万円まで、ギリギリ200万円なら可能性があるというのがおまとめローンでの借り入れです。

300万円以上をおまとめするには、500万円から600万円くらいの年収は欲しいところです

300万円以上の一本化には銀行?

もし300万円以上の借り入れをおまとめするのであれば、銀行のローンを検討しましょう。銀行のローンは金利が低く、利用限度額も高めの設定です。おまとめローンでは金利は重要な要素です。

借入額が高額になるため、金利は1%違うだけで年間で万単位で利息に差が生じます。返済を楽にするためのおまとめローンですので、低金利の金融機関を選択するのが理想的です。そういった意味で銀行のローンがおすすめです。

また、消費者金融業者のおまとめローンでは利用限度額が300万円と設定されていることが多くあります。借りるための条件がすべて揃っていて初めて借りることのできる最高額が300万円です。

何も欠点がない人でないと300万円を借りるのは困難です。

そのため、高額な借り入れのおまとめでは、利用限度額がそもそも高いところを選ぶほうが賢明です。その意味でも、限度額が高めに設定されている銀行のローンのほうが向いているでしょう。

消費者金融業者のおまとめローンは金利も高いですし、限度額も小さいため、実際には銀行のローンのほうが利用価値は高いと言えます。おまとめローンの検討をするなら、まずは銀行で借りることを前提に考えましょう。

どういうおまとめローン商品なら良いのか

限度額が高い

300万円以上という高額のおまとめを考えているなら、まず注目すべきは金融機関が提示する「最高限度額」です。限度額が高いローン商品ほど、実際に借りるときの利用枠に違いが出てきます。

最高限度額が300万円と設定されているところに300万円の融資を申し込むのと、最高限度額が800万円と設定されているところに同じ申し込みをするのでは、結果は違ってきます。

300万円が限度額のところに目いっぱいの額で申し込むと、信用力や個人属性が高くなければならないでしょう。

逆に、800万円が最高の限度額というローンに300万円で申し込みをするのは、貸す側としても余裕があるので融資はしやすいと推測できます

低金利

300万円は金額としても大きいので、おまとめローンとして融資されても金利は低く設定される可能性が高いと言えます。とはいっても、なるべく低金利のローンに申し込むほうが、実際に返済するにあたっては楽になります。

一般的に限度額が高いローンは金利も低く設定されていることが多いですが、しっかり確認しておきましょう。

限度額が300万円以上

300万円のおまとめを利用するには、当然のようですが、限度額が300万円を超えているローンでないと意味はありません。また、その限度額は大きければ大きいほど審査は有利です。

実際に300万円を超える借り入れをするには、収入証明書の提出はほぼ必須と考えていいでしょう。いくつかの銀行では、借入額300万円でも収入証明書が不要というところもあります。

たとえばジャパンネット銀行は借入金額が300万円以内なら収入を証明する書類は提出しなくて良いと公式サイトに記載されています。

消費者金融業者で高額借り入れは困難

消費者金融業者で300万円のおまとめローンを活用するのは非常に困難と言っていいでしょう。というのも、そもそも消費者金融業者のおまとめローンはすべて貸金業者から借りたお金でないとおまとめできません。

銀行やクレジットカードのショッピング枠利用は対象外です。貸金業者の借り入れだけで300万円に達するというのは、元からその人は収入面で問題がなかったということなります。

おまとめローンで300万円をまとめたいと考えている人のほとんどは、消費者金融業者からの借り入れに加えて銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の利用があるケースでしょう。

そうなると、この300万円は消費者金融業者ではまとめることができません。消費者金融業者のおまとめローンは、複数の少額借り入れを1つにするということならできますが、300万円のおまとめは難しいことになります。

高額のおまとめは銀行が向いています。

300万円以上を借り入れできるおまとめローン

東京スター銀行

300万円以上をおまとめできるローンとしては、まず東京スター銀行のおまとめローンがおすすめです。東京スター銀行は業界で最も早くおまとめローンを始めた銀行のひとつで、草分け的存在と言われています。

東京スター銀行のおまとめローンはおすすめ?審査は厳しい?東京スター銀行のおまとめローンは、このローンの代名詞というくらいに有名です。 このために東京スター銀行に口座を開設したという人は非...

おまとめローンというと真っ先にこの銀行の名前が思い浮かぶという人も多いでしょう。

主に以下のような特徴があります。

  • 申し込みから審査結果通知まで最短3営業日。
  • 来店不要で手続きできる。
  • 限度額1000万円までとなっており、余裕がある。

融資枠1000万円というのは業界でもトップレベルで、複数のローンを確実にまとめることができます。ただし、審査は若干時間がかかりますし、厳し目です。正社員または公務員が申し込み可能で、パートやアルバイト、自営業者などは申し込みできません。

正社員であって、収入が安定しており、それまでの借り入れで返済の遅れなどがないといった状況でないと審査結果は厳しいでしょう。

イオン銀行

イオン銀行の「アシストプラン」もおまとめローンとして活用できる銀行のローンです。資金使途は基本的に自由で、教育ローンにも医療・美容ローンにも使えます。

イオン銀行のおまとめローンがおすすめな理由イオン銀行は主要銀行のなかでも珍しく「返済計画再編を支援する融資」を専用とするローン、つまりおまとめローンを提供しています。 かな...

公式サイトの申し込みフォームに「他社からの借り入れの一括返済」という選択肢があり、明確におまとめローンに対応していることが分かります。

主に以下のような特徴があります。

  • 申し込みから審査結果通知まで最短で1週間程度。
  • 来店不要で手続きできる。
  • 金利は年率3.8%から13.5%と低い。
  • 審査にも時間がかかるが、融資にも時間がかかる。申し込みから約1ヶ月ほどしてから融資額が入金される。
  • 申込み方法はインターネットのみ。

来店不要で契約まで完結し、大変な低金利で借りることのできるローンです。消費者金融業者からの借り入れ、クレジットカードのショッピング枠などすべての借り入れの一括返済ができます。

おまとめローンで一本化するには向いており、低金利であるため返済の負担も軽減できます。

ただし、審査に時間がかかります。仮審査の結果が出るまでに1週間ほど、その後の本審査・契約締結を経て、融資されるまでに1ヶ月かかるのがデメリットです。

時間的な余裕があるときに使いましょう。

 横浜銀行

利用するのに地域が限定されますが、横浜銀行のローンもおまとめローンとして有能です。東京スター銀行など一部の銀行を除き、地方銀行は大々的におまとめローンとして使えることを表示することがなくなりました。これは金融庁から過剰貸付を指摘されたためです。

横浜銀行は独自に審査基準を設けて、おまとめローンとして正常な貸付を行っています。他の銀行では通常のカードローンをおまとめローンとして流用する形になりますが、横浜銀行の場合には明確におまとめローンとして使うことができます。

横浜銀行のおまとめローンの審査やスペックを徹底調査多くの地方銀行のフリーローンで、資金使途として「他社からの借り換え」が使えなくなっている状況にあって、横浜銀行は借り換えとして使うことが...

主に以下のような特徴があります。

  • 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県の一部に居住または勤務している人限定である。
  • インターネット申し込みで、最短で翌営業日に審査結果が通知される。
  • 限度額1000万円と高額融資が可能。
  • 最短で申し込み翌日に審査結果が通知され、すぐにカードが郵送される。カードが届けば融資可能。
  • 年率1.9%から14.6%と低金利。

金利が低いため、複数の借り入れを横浜銀行の1つにまとめると返済額が軽減され、支払う利息も減らすことができます。ATMカードが発行されるので、余裕ができたときにいつでも繰り上げ返済できます。

申し込みできる地域に居住または勤務している人は真っ先に検討しておきたいローンです。

300万円をおまとめローンにしたら返済はどうなる?

銀行の場合

300万円をおまとめローンで借りた場合、それぞれの金融機関で金利の差は縮まりますが、毎月の返済額に違いが生じます。

借入金額が大きくなると金利が1%でも違うと大きな差になります。注意しましょう。

毎月の返済額が少ない2つの銀行の比較

銀行名 毎月の返済額 総返済額 総利息額
三井住友銀行 3万5,000円 約564万円 約264万円
イオン銀行 3万5,000円 約389万円 約89万円

残高スライド方式で返済するときと、定額式で返済するときでかなり変わってきます。
設定した通りの返済をしていると、最終的に支払う利息の額も変わってくるので注意しましょう。

最低返済額だけを返していると、返済は楽ですが長期にわたって返済し続けることになります。

300万円をおまとめしたときに金利が低い銀行

銀行名 金利 毎月の返済額
楽天銀行 4.9%~12.5% 4万円
イオン銀行 4.8%~8.8% 3万5,000円

残高スライド返済をシミュレーションすると

楽天銀行のローンはおまとめローンにも使えるため、高い人気があります。お得に借りられるイメージを強く持っている人もいるでしょう。

楽天銀行で300万円をおまとめして、金利4.9%で借りると以下のようになります。楽天銀行の返済方式は残高スライド方式ですので、それに沿って返済するとします。

借入残高 毎月の返済額 返済回数
250万円まで 4万円 17回
200万円まで 3万5,000円 19回
150万円まで 3万円 22回
100万円まで 2万円 33回
50万円まで 1万5,000円 42回
30万円まで 1万円 24回
1万円まで 5,000円 48回
完了まで 2,000円 57回
合計で返済回数は262回になります。利息は約89万円支払う計算になります。返済スケジュールとしては約21年もかかることから、かなりの無駄が生じています。

これは残高スライド方式を律儀に守ったときの計算ですので、たとえば毎月4万円ずつ返済できるのであれば最後までその額をきっちり支払ったほうがお得に返済できます。

楽天銀行で300万円をおまとめして、残高スライド方式に縛られずに一定金額を返済すると以下のようになります。

毎月の返済額 項総利息額 回数
4万円 58万9,081円 90回
5万円 44万8,261円 69回
6万円 36万2,393円 57回

返済回数90回でも7年6ヶ月かかることになりますが、先程の約21年よりはよほどリアルでしょう。5万円ずつ返済すると5年9ヶ月、6万円ずつだと4年9ヶ月かかります。繰り上げ返済したほうが、断然お得に借りることができます。

消費者金融業者の場合

300万円をおまとめローンで借りるとき、おおよそ利息制限法で定められた上限の15%が適用されます。審査によって低くなることはあっても、法律上は超えることは絶対にできません。

実際には以下に示したシミュレーションよりも良い形で返済できます。

業者名 毎月の返済額 総返済額 総利息額
アイフル 4万8,400円 580万8,058円 280万8,058円
アコム 4万6,000円 625万8,074円 325万8,074円
プロミス 4万8,400円 580万8,058円 280万8,058円

アコムが突出して返済額が多く見えますが、これは返済期間がアコムだけ長く設定されているからです。毎月の返済額はわずか2400円しか変わりませんが、これは最終的に大きな差になって現れます。

まとめ

300万円のおまとめというのは高額の部類です。借入先はなるべく金利が安いほうが良いですし、実際に返済していくにも積極的に繰り上げ返済して総利息額をなるべく減らすようにしましょう。