プロミス

プロミスの在籍確認は必ず電話?回避する方法は?

プロミスからお金を借りたいが、在籍確認の電話を会社にされるのは困るという人は多いでしょう。

プロミスでは電話連絡による在籍確認が基本ですが、事前に相談すれば回避も可能です。

とはいえ、審査次第では電話が必要というケースもあるので安心はできません。

プロミスは電話連絡で在籍確認する

在籍確認の電話内容

申込者が電話に出る場合

プロミスから掛かってくる在籍確認の電話は、申込者本人が出る場合は、単なる確認で終わります。

プロミス担当者「もしもし、私○○(担当者の本名)と申しますが、××さん(申込者)はいらっしゃいますか?」

本人「私が××です」

「私、プロミスの○○と申します。在籍確認のためにお電話を差し上げました。確認が取れましたので失礼いたします」

申込者が申告した勤務先の電話番号に連絡したら、その通りに本人が取り次いだということになるので、その人は申告した通りに在籍していると確認できます。

所要時間は30秒程度で、すぐに終わります。

申込者以外で電話に出た場合

申込者が無人契約機で待機していたり、自宅から申し込みをしていたりする場合には、本人以外の人が電話に出ることになりますが、それでも在籍が確認できれば完了です。

プロミス担当者「もしもし、私〇〇(担当者の本名)と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」

電話に出た人「××はただいま席を外しております」

プロミス「承知いたしました」

後は、たとえば「いつごろお戻りになりますか」と尋ねたり、「携帯電話に連絡したが出なかったので会社のほうに連絡しました」などと言って終わります。

電話に出た人が折り返しの連絡は必要かと尋ねたら、「それには及びません」などと言って電話を切ります。

在籍確認では、連絡する担当者が自分の本名を名乗ることになっています。誰か友人を装ってほしいという希望は出せません。

社名や用件は他人に伝えないのが基本

プロミスでは、在籍確認は電話連絡によって実施されます。審査の過程で申込者の職場に連絡が行きます。電話では、本人が出る以外ではプロミスといった社名を名乗ることはありませんし、用件を伝えることもありません。

法律のうえでも、消費者金融業者や銀行から借入があることを本人以外に伝えることは禁止されています。

借入は個人のプライバシーに属することであって、たとえ家族であろうと職場の上司であると、本人の許可なく他人に借入の事実を伝えてはならないことになっています。

社名や用件を伝えないので、担当者が自分の名前を使って本人を呼び出してもらうという形を取ります。知り合いから掛かってきた電話にしか聞こえません。

電話は原則的に非通知ですが、非通知拒否の設定がしてあるときには番号通知で連絡します。このときに使われる電話番号は、ネットで検索してもプロミスとは表示されない番号です。

プロミスは大手で、長年にわたって様々な会社や職場に在籍確認の電話をしてきた実績があります。プロミスからの在籍確認の連絡であることが発覚する可能性は極めて低いと言えます。

時間指定は可能?

在籍確認は、申込者がそこで働いていることが分かれば良いというものであって、それ以上の意味はありません。

誰が電話に出ても構わないことになっており、勤務先の確認さえ取れれば問題はないとされています。電話に出た人が身元を訊いても、上手に誤魔化してくれます。

社名や用件を明かすことはないとは言っても、やはり電話連絡に抵抗感を持つ人もいるでしょう。そういったときに、できれば電話を自分で取りたいと考えがちです。

また、申込者が女性のとき、男性から個人名で電話を掛けてくるのは避けたいと思うでしょう。自分が確実に会社にいる時間帯に連絡してもらえればスムーズですし、不安も軽減されます。

とはいえ、このような希望は、どうしても仕方ないという場合以外は困難です。ただし、電話をするオペレーターの性別は指定することができます。

電話連絡に関する相談はプロミスの申し込みでは早めにする必要があります。女性の申込者は女性オペレーターを希望するなら、審査の早めの段階で伝達しておきましょう。

在籍確認を実施するタイミングは?

プロミスが在籍確認をするタイミングは、主に審査の最終段階です。通常の流れでは、申し込みがあればすぐに仮審査を行って成否を決めます。

その後、書類を提出してもらって本審査に移りますが、ほぼ審査では問題ないとされたときに最終的な確認として実施されます。

これは多くの消費者金融業者で行われている在籍確認と同じタイミングです。もし在籍確認をしたうえで審査落ちさせると、「どうしてわざわざ職場に連絡までして審査に落とすのか」というクレームにもつながりかねないからです。

ただ、「最終段階で電話連絡する」というのはあくまで基本のやり方です。審査の進み具合によっては、もっと早まる可能性もあります。申し込んでからおおよそ30分から1時間くらいの段階で在籍確認の電話連絡が実施されると考えましょう。一概に最後とも言えません。

プロミスでは、本人確認の連絡のときに在籍確認の電話を行うことを申込者に伝えてくれます。オペレーターの性別を指定したり、電話では困ると伝えたりできるのは、このタイミングしかありません。

プロミスで電話連絡を回避するには?

在籍確認そのものは回避できない

近年では、「在籍確認なしのカードローン」も登場していますが、基本的に消費者金融業者の審査で在籍確認は必ず実施されます。

条件付きで電話連絡なしにはできますが、どのような立場の人であっても職場への在籍を確認しないで契約することはありません。正社員であっても、パートでっても、またアルバイトであっても必ず在籍の確認を取ることになっています。

カードローンを契約するにあたっては、申込者に返済する能力がなければなりません。消費者金融業者は、返済のときに利息を一緒に支払ってもらうことによって成り立っている会社です。そのため、返済能力の確認は必要不可欠の工程です。

在籍確認は、申込者が確実に「働いている人である」ことを確認するために行われるものですので、省かれることはありません。

在籍確認をせずに貸出をしてしまえば、消費者金融業者には貸し倒れのリスクが高まります。そのため、プロミスでは必ず在籍確認をします。

契約時に在籍確認を実施するのはプロミスに限ったことではなく、ほぼすべてのカードローンで行われます。ただ、電話することが絶対に必要とは限らないので、職場への電話は困るという人は事前に相談しましょう。

電話以外の方法は可能?

電話連絡以外の方法で在籍確認をしてもらえる可能性はあります。ただ、単に「電話されたくない」とか「個人名の連絡は困る」といっただけの理由では通りにくいでしょう。

良くあるケースが、「今まで個人名で自分のところに連絡が来たことがなく、そういった連絡があったら職場で何かあったのか疑われてしまう」という事情です。職種によっては、個人から連絡が来ること自体が異常であるケースはあるでしょう。

また、今の職場で働き始めたばかりで、自分を名指しで電話が掛かってくるのは立場上困るというケースも、別の方法で在籍確認としてくれる可能性があります。

そういった希望は、なるべく早めに申し出ましょう。プロミスの場合、インターネットの公式サイトの申し込みフォームを送信すると、すぐに審査が開始されます。ここで本人確認のための連絡が入りますが、このタイミングで希望を伝えておきましょう。

電話連絡以外の在籍確認の方法としては、「社名の入った給与明細書を提出する」「源泉徴収票を確認する」「社会保険証を提示する」といった方法が採られます。

在籍確認なしで契約できるという噂の真相

1.プロミスの在籍確認は気づきにくいから

「プロミスは在籍確認なしで契約できる」というネット上の噂もあります。これは完全に誤った認識で、実際には在籍確認は必ず実施されています。

このような噂が流れてしまう背景には、申込者が「在籍確認を行います」というプロミスからの通知を良く分かっておらず、しかもプロミス側の電話連絡が巧みに行われたことがあると推測されます。

プロミスは在籍確認に関してはプロであって、在籍確認と気づかれずに連絡することが可能です。申込者が気にするよりも、自然に完了していると考えていいでしょう。

2.電話以外でも在籍を確認できるから

在籍確認の方法は、事情のある人に対しては、たとえば社会保険証を提示することで済ませることがあります。

審査次第ですが、事情を考慮して電話をせずに在籍を確認して審査に通過させるという事例は数多くあります。それがいつの間にか「在籍確認そのものがない」というレベルに発展して噂となった可能性があります。

実際には在籍確認をしないことはありません。あくまで、事情のある人には電話以外の方法で確認を取るというだけです。

④相談するタイミングは?

プロミスの審査は非常にスピーディに行われます。在籍確認の連絡は審査の最終段階で実施されるのが基本ですが、そうでないケースもあります。

そのため、在籍確認について相談するのは早ければ早いほど良いでしょう。できれば申し込み直後が望ましいと言えます。

プロミスにインターネットで申し込むと、仮審査が行われます。仮審査に通過すると、プロミスから自動送信でメールが届きます。ここには「書類提出のお願い」などのタイトルが付いており、そこには電話番号も記載されています。

このタイミングで連絡しておき、在籍確認について相談するというのが最もあり得るやり方です。

どうしても職場に電話連絡されたくないという場合には、申し込みの前にプロミスコールに連絡しておき、「今から申し込みしたい」と伝えて在籍確認について相談しておくという方法もあります。

プロミスコールのオペレーターに自分の氏名と生年月日を控えてもらい、「電話連絡以外の方法で在籍確認を希望する」と言っておきます。その通りに申し込みをして、その後から在籍確認について書類提出にするなどといった措置を採ってもらえます。

心配な人は、申し込み前に相談しておきましょう。

プロミスの在籍確認で覚えておきたい

土日の在籍確認はどうなる?

プロミスは土日でも契約することが可能ですし、その日のうちに即日融資を受けることもできます。しかし、土日は会社が休みで、在籍確認のための電話連絡をしても誰も出る人がいないというケースもあるでしょう。

土日に個人名で電話をされたら、後から会社に「何の用事だったのか」と疑われてしまうと心配にもなります。

こういった場合に備えて、プロミスでは勤務先確認書類が提出できれば土日祝日でも契約できるようにしています。

基本的には電話連絡によって在籍を確認したい意向があるため、あまり大々的に言われることはありませんが、多くのネットユーザーが「会社が休みの日でも書類提出によって在籍確認にしてくれた」という体験談を報告しています。

ただ、審査次第では平日になってから電話で連絡することによって在籍確認とするというケースもあるので、必ずしも電話以外で大丈夫とは思い込まないようにしましょう。

土日祝日の申し込みでは、在籍を確認できる書類を無人契約機に持参するといった工夫が必要です。社会保険証や源泉徴収票、給与明細書などを用意しておきましょう。

正社員以外の在籍確認はどうするの?

在籍確認は、正社員の場合には勤めている会社に連絡することになりますが、それ以外の職種でどうするのか疑問に思うこともあるでしょう。

たとえば派遣社員の場合、派遣する元になる会社があり、派遣される先の会社があります。実際に働いているのは派遣先ですので、どちらに連絡が行くことになるのか悩ましいところでしょう。

この場合、申し込みの段階では派遣元になる会社を記入し、原則的には派遣会社のほうに電話連絡が行くことになっています。ただ、決まった派遣先があり、そこに連絡してほしいという希望は通ります。

この場合には、申し込みの直後に届くメールに記載された電話番号に連絡して希望を伝えましょう。

在籍確認で重要なのは、本人がいないときでも、電話に出た人が「ただいま外出しております」「本日はお休みをいただいております」などと返答できることです。

「そういった人は当社にはおりません」と返答されてしまったら審査で否決されてしまいます。確実に自分が働いていると証明できる連絡先で在籍確認を取ってもらいましょう。

在籍確認をしたのに審査に落ちる?

在籍確認は審査の一環として実施されます。そのため、以下のような事態が発生すると審査に落とされてしまいます。

  • 虚偽の勤務先を申告した。
  • アリバイ会社を利用した。
  • 休職中だった。
  • 電話に出た人が「分からない」「そういう人はいません」と答えた。

虚偽の申告は発覚した時点で審査は打ち切られます。また、「アリバイ会社」を利用するのも審査落ちの原因となります。

アリバイ会社というのは、たとえば水商売のアルバイトをしている女性が、実家などに「しっかりした会社で働いている」とみせかけるための会社です。

こういった会社が「消費者金融業者の申し込みでも利用できます」などと広告を出しているケースがありますが、プロミスではアリバイ会社のリストを持っており、利用するとすぐに発覚します。

どうしても電話連絡されたら困るという場合には、正直に事情を話しましょう。

また、電話に出た人が申込者の在籍を確認できない発言をした場合には、審査に落とされてしまいます。会社によっては、個人情報に関することはまったく受け合わないというところもあります。そういった場合にも、プロミスの担当者に相談しておきましょう。

初回契約以外でも在籍確認することがある

通常、プロミスが在籍確認を実施するのは初回契約の1回だけです。ただ、以下の場合には再度実施されることがあります。

  • 増額審査を申請した場合。
  • 転職して勤務先が変わった場合。

初回の契約から数年経ってから増額申請をした場合、厳密に審査する目的から、再度勤務先に連絡することがあります。また、転職してから契約内容に変更があるときにも、在籍確認の連絡をするケースがあります。

プロミスの会員規約には、「勤務先などが変更になった際には14日以内に届け出ること」とされています。

会員規約を守らなかった場合には、利用限度額が減額されたり、契約解除になったりすることがあるため、しっかり変更届を出すようにしましょう。

まとめ

プロミスでは在籍確認は必須です。ネットの情報では在籍確認なしで契約できたというものもありますが、そのようなことはありません。

ただ、電話連絡以外の方法で在籍を確認してくれる場合もあります。