どうにかしてお金を借りるならどうすれば良い?

即日借りられる消費者金融一覧表
  当サイトおすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申込
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申込
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申込
アイフル
3.0%~18.0% 800万円 申込
楽天スーパーローン
1.9%~14.5% 800万円 申込

 

 

どうにかしてお金を借りたいけど審査に通過できる?コツは?

 

どうしてもお金を借りたい時、審査に絶対通りたい時、そんな時に役立つお話を紹介します。

 

今回は

  • 「すぐにお金を借りたい」
  • 「どうしても審査に通りたい」
  • 「債務整理中」
  • 「大手金融機関で審査に落ちた」

場合など、様々な想定できるパターンを紹介し対処していく方法をお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

 

 

今すぐにお金を借りたい!という人はカードローンに申込む

今すぐお金を借りたい人はカードローンに申込しましょう。カードローンなら即日審査、即日融資可能でお金を借りられます。

 

最初は利用限度額が小さい場合も多いですが、実績を積むことによって利用限度額増額も可能ですので、どうしても借りたい場合はとにかくすぐに申込をしてしまうのが良いでしょう。

 

最短即日融資が可能なカードローンはこれ

最短で即日融資可能なカードローンは最近多くなってきましたが、その中でもサポートも充実して安心して借りられる3社を紹介しますので、ひとまずここへの申込を検討してみることをおすすめします。

 

アコム

実質年利 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

大手消費者金融のアコムは成約率が48.0%程度の推移となっており、消費者金融の中でも成約率が高い貸金業者となっています。アコムは一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。
※アコムマンスリーレポート(https://www.acom.co.jp/corp/ir/library/monthly_report/)

 

また審査スピードが速く、即日融資が可能な消費者金融として信頼も厚く、安心して申込することが可能です。

 

現在は30日間金利0円サービスも行っており、1ヶ月だけの借入をしたい場合などは銀行の金利を凌ぐ0金利での借入も可能です。

 

 

 

アイフル

実質年利 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

アイフルはアコムと並ぶ大手消費者金融で、スピーディーな融資を受けたいという場合にまず名前が上がります。特にWEB完結申込の契約スピードが速く、WEB申込→フリーダイヤルへの電話の流れで優先的に審査をしてくれます。

 

成約率も45.0%程度で推移しており、大手ではアコムに次いで高い成約率を誇っています。

 

 

 

プロミス

実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

WEB完結審査のスピードに定評があり、今すぐにお金を借りたいのであればプロミスへの申込をおすすめします。アコム同様初回借入から30日間無利息キャンペーンを行っており、小口の緊急資金であればプロミスを利用してみるのが良いでしょう。

 

電話などの問い合わせ対応も良く借入に対する不安なども払拭できます。女性専用のレディースコールがあるもの嬉しいサービスとなっています。

 

 

 

審査に通るか不安!という人は以下に注意して申込んでみる

 

様々な理由から審査に通るか不安という方は意外と多いです。想定できるパターンと対処法を掲載しましたので、参考にしてみて下さい。

 

無職の場合は?

退職し現在無職の場合やニートの場合は、お金を借りることができるのでしょうか。基本的に無職の場合お金を借りることは「できません」。

 

安定した収入が大前提にある

お金を借りるには大前提として「安定した収入が毎月ある」ことが必要です。安定した収入とは「給与」または「事業売上」の事で、社員として勤務しているか、または個人事業を行って収入を得ている必要があります。

 

また安定している必要があり、毎月生活が出来る程度の収入が必要で、一年通せば収入はしっかりしているが毎月入金がばらばらという場合は安定した収入とは言い難いです。審査も不利になる場合が多いでしょう。

 

フリーターやパートの場合は?

「安定した収入が毎月あること」が審査の条件ですが、これはフリーターやパートの場合でも適用されます。

 

基本的には「無職」でなければ審査の条件はクリアになると思っていて大丈夫です。ただし、週に1回勤務しかしていなく収入も月1万程度と極端に収入が少ない場合など安定した収入と言うことはできない時は審査に通らないので注意が必要です。

 

個人事業主の場合は?

個人事業主とは、企業に属していなく自分で事業をして収入を得ている人の事です。もちろん個人事業主でも安定した収入が毎月あるのであれば審査の条件としては問題ありません。

 

ただし、本当は無職だけれどもプログラマーやクラウドワーカーとして個人事業をやっていますという事は誰にでも可能であるため、個人事業主の場合は「言ったもの勝ち」と認識されることも多いです。そのため給与所得者よりも審査通過率は低くなると考えていた方が良いでしょう。

 

本当にその仕事が安定した収益をあげられているのか確かめる為に「最低1年以上の事業実績」と「確定申告書」の提出が必須の場合も多いです。確定申告さえあれば安定した収入を証明できるので個人事業主の方は勤続1年を目途に申込を検討するのが良いかもしれません。

 

就職内定者の場合は?

現在無職でも就職先が決まっている場合は柔軟に審査をしてくれる金融機関が多いですが、就職先が決まっているかどうかは証明する必要があり、場合によっては「内定通知書」などの書面の提出を求められる可能性もあります。

 

仮に内定通知書などの書面の提出が求められなかった場合であっても、最初は利用限度額が低めに設定される場合が多いです。一年程度経過し源泉徴収票が発行されれば、利用限度額増額の審査をあげることで利用限度額が増える可能性があります。

 

借入先が多い場合は?

安定した収入はあるけれど借入先が多い場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

総量規制以内であることが条件

消費者金融などの貸金業者は貸金業法の総量規制の対象外です。他社借入がある場合、新規のローン申請は「総量規制以内」であることが必要です。

 

総量規制とは年収の3分の1以内に借入総額を収めなければならないという貸金業者に課せられた規制で、年収300万円の人は借入総額を100万円未満にしなければなりません。

 

消費者金融等の貸金業者はこの総量規制の対象となりそうな顧客には新たな融資が出来ない場合が多いので、総量規制内の利用限度額であることが必要です。

 

借入先を数社にまとめておく

仮に総量規制内の借入であったとしても、借入先が多い場合審査に通らない場合が多いです。基本的には他社借入を多くても3社以内にしておくことが望ましく、3社を超えて借入をしている場合は「返済のために借入をしている」と考えられてしまいます。

 

仮に違っても、何社からも借りている人はお金を借りる事に対してしっかりとした認識を持っていないと判断される場合が多いです。そのような人に金融業者はリスクを起こって新たな貸付をさせることはまずありません。

 

もし借りている金融業者に利用限度額の枠が残っているのならば、借換をして借入先を減らしておきましょう。

 

例えばこんな場合はB社C社の債務をA社に一本化した方が借入状況も正常化して審査の可決率も高くなります。
A社 B社 C社
利用限度額 100万円 50万円 30万円
現在の借入 30万円 30万円 10万円
月の返済額 4万円 3万円 1万円

※現在月8万円の返済

 

A社へ一本化
利用限度額 100万円
現在の借入 70万円
月の返済額 5万円

 

これで借入総額は変わりませんが、月の返済額が軽減され、債務状況が良くなりました。基本的に利息制限法によって借入額が増えると金利は下がるので、総返済額も軽減される可能性が高くなります。

 

学生や主婦の場合

学生や主婦の場合も基本的にはお金を借りることができます。ただし、学生の場合は親と同居なら「世帯収入」、別居なら「アルバイト収入」が無ければなりません。主婦の場合は「世帯収入」があることが前提となっています。

 

学生ローンや専業主婦ローンを専門に扱う業者も多数存在している

学生ローンや、専業主婦専用のローンも商品として存在しており、それらの商品を申込むことによって審査の通過率も良くなります。

 

ただし、未成年者の場合はカードローンが作れなかったり、そもそも借入できなかったりと条件がある場合も多いので確認しておくことが大切です。

 

総量規制オーバー

総量規制をオーバーしている場合でも、新規で貸付できる場合はありますが、総量規制を超えているのは借り過ぎているという事なので、借入する事自体難しいと思っていた方が良いでしょう。

 

総量規制外の銀行ローンに申込む

総量規制は「貸金業法」という法律の中の規制です。

 

貸金業法は、貸金業者(消費者金融や信販会社)などを規制するための法律であるため、銀行法や信用金庫法の下で営業をしている銀行や信用金庫は対象外ということになります。つまり、総量規制以上の貸付となるような銀行カードローンの申込は理論上可能です。

 

しかし、銀行カードローンは保証会社として消費者金融系の保証会社が付いている場合が多いので、審査を通す可能性は限りなく低いと考えていていいでしょう。

 

債務整理中の場合は?

債務整理中の場合は借入できないと思っていた方が良いでしょう。そもそも債務整理とは「自己破産」「個人再生」「任意整理」などを行うことによって債務の消滅又は減額を図るものです。つまり貸金業者にとっては貸し倒れのリスクがある客という事になります。

 

返済が苦しいため追加で借りたい!という人はおまとめローンがおすすめ

もし返済が苦しいため追加で借入をしたいと思っている方は、新たに借入して借金で借金を返すようなことはせず、おまとめローンを申込んで借入を一本化してしまった方がいいでしょう。

 

貸金業法に基づくおまとめローンについて

貸金業法に基づくおまとめローンは、債務の軽減が図られる前提ですすめられますので、今の借入状況よりもおまとめローンを組むことによって軽減が図られます。ただし、貸金業法に基づくおまとめローンにはいくつか注意点がありますので、合わせて確認をしていきましょう。

 

総量規制対象外

おまとめローンは債務者保護の観点から作られた規制であるため、総量規制の対象外となっています。つまり、年収300万円の人は100万円までしか借りられないところ、おまとめローンに関しては100万円を超えて借入することが可能となっているのです。

 

銀行ローンやショッピング枠は基本的に対象外

銀行ローンやクレジットのショッピング枠はおまとめローンの対象外となっている場合が多いです。アコムを始めとした大手消費者金融のおまとめローンで、銀行ローンやクレジットのショッピング枠も対象としているのはアイフルのおまとめローンのみです。

 

銀行からの借入も多く一緒にしたい!という場合はアイフルのおまとめローンに申込むことをおすすめします。

 

銀行でも借換ローンの取扱いがある

銀行でも借換ローンの取扱いがあります。フリーローンなどと呼ばれているローンは基本的におまとめローンとしての利用が可能です。銀行でおまとめローンを組む場合、消費者金融より金利が低くなる可能性が高く、銀行という安心感もあり、抵抗なく受けられるのではないでしょうか。

 

また銀行のおまとめローンはほとんど用途指定が無いため何が借換対象、対象外なのかを心配する必要がありません。

 

メインバンクの申込は意外と有利

銀行は貸金業者と違い、融資のみならず預金から保険、投資信託など様々な取引を行う事が可能であり、融資の審査に取引の厚薄が強く関係してきます。つまりメインバンクで給与振り込みなどを指定している場合、審査に通過しやすくなります。

 

特に給与の振り込みは審査における重要なプラス材料として使えるので、メインバンクでの審査申込は意外と有利に働きます

 

中小消費者金融は柔軟な対応をしてくれる場合も!

大手と金利内容やサービスも謙遜ないおすすめの中小消費者金融を紹介します。審査も柔軟に対応してくれることも多く、審査に不安があっても一度申込してみることをおすすめします。

 

キャレント

実質年利 7.8%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
審査時間 最短即日
融資まで 最短即日

 

申込完了まで約3分という最速申込が可能なキャレントをおすすめします。

 

WEB申込で入力項目はたった3項目の簡潔申込フォームは、時間がない人に特におすすめの消費者金融です。申込が50万円以下であれば収入証明も原則不要で、PCやスマホさえあればその場で全ての手続きが終了します。

 

学生や主婦(主夫)の申込も可能ですが、アルバイトなど定期的な収入が必要なので注意が必要です。

 

 

 

セントラル

実質年利 4.8%~18.0%
借入限度額 1万円~100万円
審査時間 最短1時間
融資まで 最短即日

 

柔軟な審査に定評のあるセントラルもおすすめの消費者金融です。債務整理した過去があったとしても、現在の状況で信用を把握してくれるため、諦めずに申込してみてはいかがでしょうか。

 

審査も最短1時間、融資最短即日、セブン銀行と提携しているなど大手に負けないサービスも魅力的です。

 

 

 

フクホー

実質年利 7.3%~20.0%
借入限度額 1万円~200万円
審査時間 最短即日
融資まで 最短即日

 

創業50年以上経過した老舗の消費者金融であるフクホー。大手に比べて高めの金利設定ですが、正規で営業しており、審査も柔軟に対応してくれます。

 

電話での聞き取りでしっかりこちらの希望を聞き取ってくれる消費者金融となっており、別で門前払いをされたような場合でも諦めずにフクホーに申込を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

フタバ

実質年利 14.959%~17.950%
借入限度額 1万円~200万円
審査時間 最短即日
融資まで 最短即日

 

即日融資が可能になるようスピーディーな審査対応をしてくれます。また独自の審査基準を持っており、他社で否決になってもフタバは融資してくれたという口コミも多数存在し、信頼のおける中小消費者金融と言うことが出来ます。

 

借入は指定の銀行口座に振り込まれるので、カード発行を待つ必要もなく借入までもスムーズに行えます。

 

 

 

ライフティ

実質年利 8.0%~20.0%
借入限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短即日

 

セブン銀行と提携しており、全国のセブン銀行で借入が可能なライフティもおすすめの消費者金融です。大手にはない柔軟な対応で、債務整理や自己破産の経験があり審査に不安があったとしても一度相談してみる価値がある消費者金融です。もちろん他社借入があったとしても申込可能です。

 

35日間金利0キャンペーンも行っており、大手に負けないサービス展開にも注力しているおすすめの会社となっています。

 

 

 

審査無し!絶対借りれる!審査が激甘!は闇金

審査無し!や審査が甘い!などという文句は闇金の可能性が高いので絶対に申込をしないようにしましょう。正規の貸金業者であれば、審査がないという事はありえません。必ず信用調査及び返済能力の有無を審査されます。

 

闇金は住所や電話番号が不明であったり、金利の設定が不明であったり、貸金業者の登録番号が無かったりします。最近は闇金の区別がつきにくくなっていますので、不安のある人はこのサイトに記載されている大手や中堅の消費者金融のみ申込をするようにしましょう。

 

クレジットカードの現金化はやめておいた方が良い

どうしてもお金を借りたいが審査に通らない場合にクレジットのショッピング枠の現金化という方法がありますが、これはやめておいた方が無難です。

 

クレジットカードの現金化は、クレジットカードによって切符や商品券などを買い、それを金券ショップなどに買取りしてもらい現金にする方法ですが、還元率もそこまで高くない上に、不自然な高額ショッピングはカードの強制解約を行われる可能性も高いです。

 

仮に強制解約になれば、それだけでブラックリスト入りとなり、5年近く借入が出来なくなります。

 

手元にあるクレジットカードのキャッシング枠を確認してみる

お金を借りる際の最終手段として、持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用することをおすすめします。キャッシング枠はクレジットカードを作る際に付帯している場合が多く、意外と使っていない人も多いです。

 

このキャッシング枠の利用は正規に認められている方法なので安心して利用することが出来ます。

 

まとめ

どうしてもお金が借りたい時には正しい判断ができないことも多いです。しかし、絶対に闇金などは利用せず、正規の方法で融資をしてもらうのが大切です。

 

融資をしてもらうためにこの記事でお伝えした方法が役に立つことを願っています。

関連ページ

J.Score(ジェイスコア)の即日融資申し込み方法は?最短で融資を受ける3つのポイント
SMBCモビットでの便利な即日融資申し込み方法~おすすめは「WEB完結申込」
アイフルの即日融資申し込み方法とは?アイフルで即日融資できる3つのポイント
アコムの即日融資申し込み方法~何時までの申し込みで即日借りれる?
プロミスの即日融資申し込み方法とは?プロミスで即日お金借りる3つのポイント
レイクALSAの最短即日融資申し込み方法~即日融資を受ける7つのポイント
【目的別】オススメのカードローン比較 人気カードローンから厳選!
【即日融資】消費者金融でお金借りるならどこがいい?大手?中小?
銀行カードローンで即日融資 審査・融資が速い銀行カードローンは?
土日でも即日融資で借りられる?
即日融資で人気のあるカードローンはどこ?
審査をスムーズに終わらせるには?
会社への連絡なしで借りるには?
無人契約機で即日融資
専業主婦でも即日融資でお金を借りられるオススメは「楽天スーパーローン」
おまとめローンに通りやすい方法は?ローンの選び方や審査のコツは
今すぐにお金を借りたいのに審査が通らない場合の対処法と理由を解説
収入が無い無職でもお金を借りられる方法はある?
審査が甘いキャッシングとは?どうやったらお金を借りられるのか解説
審査無しで即日お金を借りたいと思った時にはどうすればいい?
審査の甘い消費者金融はある?ブラックでも借りられるのかを徹底解説
絶対借りられるカードローンはあるの?ブラックOKの宣伝には要注意
ネットでお金を借りる方法の総まとめ!WEB完結申込方法や注意点は
学生ローンでお金借りるポイントまとめ!学生ローン【厳選10社】
収入証明書不要で借りられるカードローンは?条件や限度額も徹底解
総量規制対象外のカードローンでお金を借りる時に覚えておくこと
超低金利でお金は借りられる?用途や希望別おすすめローンを紹介!
郵便局でお金を借りる 郵便局でのお金の借り方や注意点を徹底解説!
カードローンの「即日振込」をおすすめする5つの理由~今すぐ借りたい
カードローン審査に通るための4つのポイント~通らない理由も解説!
在籍確認なしのカードローンってあるの?電話確認なしでお金を借りる
土日祝日の即日融資なら消費者金融?銀行カードローン?即日融資条件は
無人契約機でお金を借りる時の流れと注意事項~メリット・デメリットは