ネットでお金を借りる方法の総まとめ!

即日借りられる消費者金融一覧表
  当サイトおすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申込
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申込
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申込
アイフル
3.0%~18.0% 800万円 申込
楽天スーパーローン
1.9%~14.5% 800万円 申込

 

 

ネットでお金を借りる方法まとめ

 

融資の申込は、

  • 「店頭申込」
  • 「WEB申込」
  • 「郵送申込」
  • 「電話申込」

と様々な方法が存在しますが、その中でも特にWEB完結申込は手間もかからずスピーディーなのでおすすめします。

 

わざわざ窓口に行って融資の申込をする時代は終わり、今ではネットでの申込が当たり前になりました。窓口申込よりも審査が早く、融資までの時間も最短即日となっており、何よりどこにいても申込が出来るという利便性は、ネットを駆使した申込に勝るものはありません。

 

今回はネットでお金を借りる方法と、注意点、即日融資のコツなどを紹介していきますので、今すぐにお金を借りたい方は特に最後まで読んでいただきたい記事です。

 

 

スマホやパソコンで24時間どこからでもWEB完結申込が可能に

WEB申込の最大の強みは、24時間365日どこからのWEB完結申込でも受付可能という点でしょう。

 

例えば友達との待ち合わせで余った時間、飲食店で料理を待っている時間など、それくらいの短時間で融資の申込が出来てしまいます。

 

借りようと思ってから、どこで借りるか、店舗はどこか、書類は何を持っていかなければならないのか、など必要な時間を考えたらWEB完結申込がどれだけ早いかが分かります。

 

どこが良い金融業者かの検索も、必要書類の提出も全部WEB申込で完結できますので、今ではネットでお金を借りるのが当たり前になるのも納得できる環境になっているのです。

 

店頭に赴く必要が無いため、WEB完結申込が最短融資に繋がる!

店頭に赴く時間や、申告で記入する時間、審査までの時間などが店頭申込よりも格段に速いのがWEB完結申込です。

 

WEB完結申込は申込時に申告した内容がそのまま審査へ回るので、店頭へ赴いたり、電話で一つひとつ質問に答えていたり、記入して郵送で送ったりする時間が全くありません。つまりどんな方法よりも最速審査、最短融資に繋がるという訳です。

 

大手消費者金融は審査最短30分

アコムやアイフル、プロミスなどの大手消費者金融は審査が最短30分で行われます。大手消費者金融は独自のスコアリングシステムを採用しており申告した内容が全て採点化されるため、審査担当者が誰であれ公平な審査が行われ、即時に審査の可否が判断可能です。

 

審査の可否が即時に判断可能であるため、最短で30分という最速の審査が実現できるのです。

 

必要書類も全てWEBで提出できる

審査を申込した際に

  • 「本人確認書類」
  • 「収入証明書類」

が必要となります。

 

店頭申込の場合はこれらを持っていかなければならないため、審査開始までに時間がかかりますが、WEB申込の場合は全て写真のアップロードで提出可能となります。

 

WEB提出の一番のメリットは、万が一書類に不備があったり、受付不可能な書類を提出したりした際に訂正がすぐ可能な点です。これが店頭や郵送での申込であった場合、大きな手間と時間のロスに繋がります。

 

本人確認書類

本人確認書類を合わせて確認しておきましょう。

 

本人確認書類とは、本人を特定するために提出を求められる書類で、主に「氏名」「生年月日」「住所」等が記載されている公的に発行された書類を指します。

 

一番確実なのが運転免許証ですが、以下のいずれかでも同様に受理されます。(申込会社によって多少の違いがあります)
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(ただし通知カードは不可)

 

収入証明書類

収入証明書類とは、申込人の申告した年収や勤務先、勤務先住所が正しく申告されているかを照合するために提出を求められる書類です。勤務先や公的機関から発行された書類や、確定申告など税務署の受領印が押されたものを指します。

 

以下のいずれかの提出を求められます(申込会社によって多少の違いがあります。)
  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近の連続した2ヶ月)
  • 所得証明(市町村役場発行のもの)
  • 確定申告書(税務署受領印押印済みのもの)

 

尚、収入証明書類は以下のいずれかにも該当してない場合は提出が原則不要となっています。最短での融資を求めている場合は、これらに該当しない少額の申込をしておくと、不要な審査手順を踏まなくて済むので、最短融資に繋がります。

 

  1. 申込金額が50万円以上
  2. 他社借入含めた借入総額が100万円以上

 

銀行振込によってカードが発行されなくても融資可能

WEB申込の場合でもカードが送られてくる時間や、自動契約機に赴く時間などを考えるとそこまで早くないのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。そんな方には銀行振込による融資手続きをおすすめします。

 

例えばアイフルなどはWEB申込完結型融資というサービスを提供しており、これはカードの発行が無く、セブン銀行と専用アプリによって借入・返済が可能となっています。カードが発行されないため、その発行や郵送に係る時間がゼロで、即日融資が可能となっているのです。

 

なお初回融資は銀行振込に対応している消費者金融も多いです。お金を引き出す必要のないデビットカードでの利用やクレジットの引き落とし対応のためにお金を借りたい場合などは、ATMに赴く必要もなく、一番早い手続きという事になります。

 

郵送物が無いため、家族にばれる心配もない

カード発行不要のため、郵送物が全くなく、家族に借入がばれる心配などがありません。誰にも知られずに借入が可能になるため、ちょっとした出費に対応したい場合などの資金繰りを家族の顔色を窺って工面する必要が無くなります。

 

カードローンは正しく使う事が出来ればとても便利な商品であるため、一つは持っておきたい、けれど家族にはばれたくないという方に、WEB完結でカードレスのカードローン契約は特におすすめのローンと言えるのです。

 

申込には様々あるので、WEB完結型ローンを選ぶ

WEB申込であっても、契約は店頭や自動契約機でやる方法、カードレスが嫌なのでカードを発行してほしい、そもそもカードレスの取扱いが無いなど様々なパターンがあり、申込む際には注意が必要です。

 

WEB申込のパターンは以下の通りとなっています。

※申込会社によって手続きフローは変化します。取扱いが無い場合もありますので注意してください。WEB完結型ローンは一番上の手続きとなっています。

 

ネット申込の注意点

メリットを紹介していきましたが、次からはWEB申込で注意をしておくべき点もお伝えしておきますので、確認しておきましょう。

 

対面方式ではないため、不明点を確認する手間がかかる

WEB申込は対面式ではないため、申込時にあった不明点を確認するのに時間を要する場合があります。よくわからないまま申請したり、間違った情報を申請したりすると最速融資は不可能です。不明点は都度確認するようにしましょう。

 

初めてのWEB申込で不安があるという方は、アイフルでの申込をおすすめします。アイフルは、ホームページ上のチャットで質問が可能で、かつ即時対応してくれるので、不明点を解決しつつ申込が可能です。

 

申告内容に相違があった場合、訂正に時間がかかる

申告内容に相違があった場合、訂正するのに時間がかかります。特に誤字脱字や、電話番号の相違、住所の相違、生年月日の相違などは再審査の要件になる場合が多いです。

 

また、仮審査が通った後の本審査で相違に気が付く場合も多く、審査が最初からやり直しになる可能性もあります。WEB申込の場合、申請前に相違が無いかきちんと確認してから申請しましょう。

 

ネット申込のコツ

ネット申込で即日融資が可能になるコツをいくつか紹介しますので、至急お金を借りたい人は確認してみて下さい。

 

申告は正確に間違えないこと

申告に相違がある場合、訂正や再審査が必要になるため無駄に時間がかかってしまいます。申告する際はもう一度確認して、申告に相違が無いかチェックしてから申請するようにしましょう。

 

特に「生年月日」「誤字脱字」「電話番号」が相違する場合が多く、特に電話番号が間違えており確認が取れなかったり、勤務先に繋がらず在籍確認が出来なかったりするとそれだけで審査が否決になることもあります。

 

免許証等の本人確認書類と源泉徴収票等の収入確認書類もあらかじめ準備しておく

本人確認書類は確実に提出を求められるため、免許証等の両面の写真はあらかじめ撮っておくのが良いでしょう。収入確認書類も提出を求められる可能性がありますので、合わせて用意しておく方が無難です。

 

勤務先が休日の日は避けるべき

在籍確認が必ず行われるため、勤務先が完全に休日になる日は避ける必要があります。在籍確認は本人が外出中や休暇中であっても問題ありませんが、そもそも勤務先が稼働していない場合は確認が取れません。

 

至急お金を借りたい場合は、休日を避け申込をするのが大切です。

 

ネットでお金を借りるならここ!

ネットでお金を借りるならここに申込をしてみて下さい!

 

アコム

実質年利 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

 

審査のスピードが最短30分、融資までも最短1時間となっており、業界内でも最大手のため安心感もあります。

 

初めてのご利用の場合30日間利息0円で借入が可能なので、初めてお金を借りるという場合は特におすすめしたい消費者金融となっています。

 

不明点や不安点に関する顧客対応も良いとの口コミも多く、安心して借入したい場合はまずアコムに申込するのはいかがでしょうか?

 

 

アイフル

実質年利 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

 

アイフルはアコムと並んで最短30分審査、最短1時間融資を実現しています。

 

アコムは三菱UFJ銀行と繋がりがあったり、プロミスは三井住友銀行と繋がりがあったりと銀行との繋がりがありますが、アイフルは完全独自で経営を行っており、柔軟な審査、柔軟な商品開発を行っています。独立系最大手であり、仮に他社の融資が落ちてしまった場合でも申込してみる価値はあります。

 

金利や借入限度額についても銀行系に劣後することないため、アイフルも合わせて検討してみることをおすすめします。

 

 

プロミス

実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

 

WEB完結申込のスピードに定評があり、至急お金を借りる場合は特におすすめしたい消費者金融です。

 

借入限度額はアコムやアイフルと比べると500万円と若干小さめですが、上限金利が17.8%と低く、仮に上限金利での提示となった場合はアコムやアイフルよりも低金利でお金を借りることが可能です。

 

最初の借入は50万程度の限度額で、一番高い金利で審査に通ることが多いので、ちょっとでも金利を下げたいという場合は、プロミスへの申込を検討してください。

 

関連ページ

J.Score(ジェイスコア)の即日融資申し込み方法は?最短で融資を受ける3つのポイント
SMBCモビットでの便利な即日融資申し込み方法~おすすめは「WEB完結申込」
アイフルの即日融資申し込み方法とは?アイフルで即日融資できる3つのポイント
アコムの即日融資申し込み方法~何時までの申し込みで即日借りれる?
プロミスの即日融資申し込み方法とは?プロミスで即日お金借りる3つのポイント
レイクALSAの最短即日融資申し込み方法~即日融資を受ける7つのポイント
【目的別】オススメのカードローン比較 人気カードローンから厳選!
【即日融資】消費者金融でお金借りるならどこがいい?大手?中小?
銀行カードローンで即日融資 審査・融資が速い銀行カードローンは?
土日でも即日融資で借りられる?
即日融資で人気のあるカードローンはどこ?
審査をスムーズに終わらせるには?
会社への連絡なしで借りるには?
無人契約機で即日融資
専業主婦でも即日融資でお金を借りられるオススメは「楽天スーパーローン」
おまとめローンに通りやすい方法は?ローンの選び方や審査のコツは
どうにかしてお金を借りるならどうすれば良い?審査に通過するコツ
今すぐにお金を借りたいのに審査が通らない場合の対処法と理由を解説
収入が無い無職でもお金を借りられる方法はある?
審査が甘いキャッシングとは?どうやったらお金を借りられるのか解説
審査無しで即日お金を借りたいと思った時にはどうすればいい?
審査の甘い消費者金融はある?ブラックでも借りられるのかを徹底解説
絶対借りられるカードローンはあるの?ブラックOKの宣伝には要注意
学生ローンでお金借りるポイントまとめ!学生ローン【厳選10社】
収入証明書不要で借りられるカードローンは?条件や限度額も徹底解
総量規制対象外のカードローンでお金を借りる時に覚えておくこと
超低金利でお金は借りられる?用途や希望別おすすめローンを紹介!
郵便局でお金を借りる 郵便局でのお金の借り方や注意点を徹底解説!
カードローンの「即日振込」をおすすめする5つの理由~今すぐ借りたい
カードローン審査に通るための4つのポイント~通らない理由も解説!
在籍確認なしのカードローンってあるの?電話確認なしでお金を借りる
土日祝日の即日融資なら消費者金融?銀行カードローン?即日融資条件は
無人契約機でお金を借りる時の流れと注意事項~メリット・デメリットは