おまとめローンに通りやすい方法は?

このページの目次
即日借りられる消費者金融一覧表
  当サイトおすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申込
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申込
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申込
アイフル
3.0%~18.0% 800万円 申込
楽天スーパーローン
1.9%~14.5% 800万円 申込

 

 

おまとめローンに通りやすい方法は?選び方とコツを伝授!

 

おまとめローンは様々な業者が扱っていますので、その内容や条件の違いを全て把握するのは至難の業です。

 

数が多すぎるので実際どこが一番おすすめなのか知りたいという方や、とにかくおまとめローンを通したい!という方も多いでしょう。

 

そこで今回は、結局どのおまとめローンが一番良いのかを様々な観点から紹介しながら、自分にあったおまとめローンも選べるように、選び方や審査のコツなどを紹介していきます。

 

 

審査の緩いおまとめローンはない

結論から言いますと、審査の緩いおまとめローンはありません。

 

おまとめローンはカードローンなどと性質を異なるものですので、審査の方法や審査の基準も変わってきます。その上、カードローンなどと比べても審査基準が厳しく、審査に通りにくいものがほとんどです。

 

ただ、どれだけ審査が通りにくくても、審査を通すためのコツはいくつか存在します。以下に詳しく紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

そもそもおまとめローンとは

そもそもおまとめローンとはどういう性質のローンなのか、どんな人が対象者なのかを知っていなければなりません。初歩的なことですが、ここを勘違いしているとおまとめローンを申込む意味がなくなりかねませんので、きちんと確認をしておきましょう。

 

複数の借り入れをまとめることで返済の負担軽減につながる

おまとめローンとは、一本化ローンと言われることもありますが、現在の債務(借入)を一本にまとめるローンの事を言います。

 

数社からカードローンなどを借りている方は、おまとめローンを組むことによって総支払額が軽減したり、毎月の返済の負担が軽減したりします。

 

例えば借入人Sさんの、このような場合を見てみましょう。
Sさんの状況 A社 B社 C社
借入総額 50万円 10万円 45万円
利息 年利15.0% 年利20.0% 年利18.0%
返済額 月4万円 月1万円 月3万円
返済日 20日 27日 10日

 

この場合、借入総額が三社合計で105万円、月の返済額が8万円となっています。仮にSさんの手取り給与が20万だとしたら、そこから8万円の返済が行われると、あとで家賃光熱費食費等の生活費支払いが厳しくなるのが分かります。

 

ここでおすすめなのがおまとめローンなのです。

 

D社取扱いのおまとめローンでおまとめローンを組むとこのようになりました。
Sさんの状況 D社
借入総額 105万円
利息 年利15.0%
返済額 月5万円
返済日 27日

 

債務が一本化されることにより、借入額は変わりませんが、月の返済額と利息が減りました。手取り20万のうち5万円の返済でしたら、正常な借入状況といえますので、おまとめローンのメリットを得られたことになります。

 

返済日が1つになり、資金繰りの正常化につながる

Sさんの場合、今まで「10日」「20日」「27日」とバラバラだった返済日が、おまとめローンで借換をすると27日の一日だけになりました。返済日が一日で固定されることで返済日を忘れることなく、返済計画を立てやすくなります。

 

返済計画がきちんと立てられることによって、資金繰りの安定化につながります。資金繰りの安定化こそがおまとめローンの最大のメリットという事ができるのです。

 

債務者の利益に資する商品のため総量規制対象外

おまとめローンは債務者の利益に資する商品のため、貸金業法における総量規制の対象外となっています。総量規制とは年収の3分の1を超えた借入を規制する取り決めです。

 

先ほどの例を用いると、仮にSさんの年年収が330万円だとしたら、借入は最大で110万円までになります。つまり、通常であればD社に105万円の融資を新たに申込むことはできません。

 

しかし、貸金業法は債務者保護の観点から貸金業者を規制する法律であるため、融資されることによってSさんの返済負担が減り、債務の正常化が行われる商品であるおまとめローンは総量規制の対象外となっているのです。

 

この「総量規制」ですが、おまとめローンを検討する上で重要な部分になりますので、覚えておいた方が良いでしょう。

 

ただしカードローンではないため追加融資はできない

おまとめローンで注意しなければならないことは、カードローンではないという事です。利用限度額という概念が無いため、返済した分新たに借入することが出来るという商品ではありません。

 

Sさんの例でいえば、105万円のおまとめローンを組んだ後は毎月5万円を完済まで払い続けるだけの商品という事です。

 

おまとめローンの審査を通過する条件とコツ

それでは実際におまとめローンを通過するためにはどうすれば良いか、条件やコツについて紹介していきましょう。

 

安定した収入があること

おまとめローンに限らない事ですが、借入をするには「安定した収入」があることが大前提です。安定した収入とは、毎月きちんと給料や売上金が入るという事です。この安定した収入があることが返済への信用となり、融資を組むことが可能になるのです。

 

つまり、無職の場合は基本的に審査が通りませんがフリーターでもアルバイトやパートをしていれば申込が可能ということです。

 

過去に遅延、延滞などを繰り返していないこと

こちらも借入するには重要な基準ですが、過去に遅延、延滞などを繰り返していないことが大前提です。おまとめローンは「信用貸付」です。基本的に無担保無保証での融資になりますので、申込人に信用が無ければ融資は不可能です。

 

信用とは「借りたものをきちんと返してくれること」です。当たり前のことなのですが、返済が厳しくなっておまとめローンを申込む人にとって延滞は実際に起こっていることです。過去に遅延、延滞を繰り返している人などは、信用がなくなっていますので、審査には通りませんので注意しておきましょう。

 

借入先は極力少なくしておく

おまとめローンを通過させるコツとして、借入先を極力少なくしておくことが大切です。Sさんを例にすると、現在3社から借入していますが、B社の10万円の借入をA社かC社で借換をしておくと審査が有利に働くことがあります。

 

おまとめローンは借入全てを一本にして一社が担うローンになりますので、融資する貸金業者にとってリスクの大きい商品です。そう考えれば、借入先が多い人よりも少ない人の方が審査に通過しやすいというのは理解できます。

 

借入総額は同じでも複数社から借入をしているというのは「返済のために借入をしている」場合が多いです。返済をするために借入をするような人に融資をしたいという貸金業者はありません。

 

おまとめローンを通過するには「確実に返済してくれる」という信用を持って貰わなければなりません。借入を申込む前に打てる手は打っておいた方が良いでしょう。

 

申込は一社にする

おまとめローンを組もうとする時に、まとめて複数社に申込をしてしまおうという方がいますが、極力やめておいた方が良いでしょう。

 

申込の履歴などはCICやJICC、全銀協などと言った個人信用情報登録機関に登録されます。貸金業者や銀行、信販会社などはこれらの情報を閲覧することが可能なため、誰がどこにいくら申込んだかが全て分かってしまいます。

 

仮にSさんがD社のおまとめローンが通らなかった時のためにE社やF社のおまとめローンも一緒に申込した場合、以上の三社から見たらSさんは「どこで借りるか分からない」状態にあります。場合によっては、Sさんは3社合計で315万円の借入をしようとしているとも考えられてしまいます。

 

年収330万円の人が315万円の追加融資を申込んでいると分かれば、リスクを取って新たに貸付を承諾する貸金業者はないと考える方が普通でしょう。

 

どうしても通したい方におすすめのおまとめローン

審査の条件やコツが理解できたら、次におすすめのおまとめローンを紹介します。おまとめローンを組みたい時は、まずここを検討してみて下さい。

 

アイフルおまとめローン

アイフルには、初めて利用する方向けのおまとめローン「かりかえMAX」や、アイフルを利用中または利用したことのある方向けのおまとめローン「おまとめMAX」の二つの商品があります。

 

二つとも実質年利は3.0%~17.5%で、最大800万円まで借入をする事が可能です。申込から審査、契約までスムーズに行うことが可能で、急ぎの審査にも柔軟に対応してくれます。

 

先ほど紹介した通り、カードローンではありませんので返済のみの商品となっています。また、既存の借換状況の把握のために契約書やATMで取引した際の明細などの提出が必要になるなど、通常のキャッシングの審査とは違うプロセスがありますので注意が必要です。

 

アイフルは顧客対応も良く、分からないことは全部相談できる体制となっていますので、不安や疑問点は何でも相談しておくことをおすすめします。

 

 

アコムのおまとめローン

アイフルの他にもアコムのおまとめローンもおすすめです。アコムは実質年利7.7%~18.0%で、最大300万円までの借入をすることが可能です。

 

おまとめローンの内容についてはアイフルと大きな違いはありませんが、審査の基準が違いますので、アイフルの審査に落ちてしまった場合などは、アコムにも申込してみることをおすすめします。

 

ただしアコムは、貸金業者(みなし貸金業者を含む)の貸付のみ借換が可能になるので、銀行ローンやクレジットカードのショッピング枠などは対象外となっています。アイフルとの大きな違いなので、十分に注意する必要があります。

 

 

消費者金融は専用のおまとめローンを必ず使う事

消費者金融で申込む場合は、専用のおまとめローンを必ず使ってください。おまとめローンで申込しない場合、総量規制の対象となりますので、申込金額まで融資してくれるとは限りません。

 

Sさんの場合現在105万円の借入がありますので、専用のおまとめローンを申込まなかった場合、審査に通っても利用限度額5万円までのカードローンしか原則作れません。

 

消費者金融系のおまとめローンは審査が早い!

消費者金融系のおまとめローンは審査が早く結果回答に時間がかからないのが最大のおすすめポイントです。

 

複数社まとめて申込をするのがはばかられるおまとめローンであるからこそ、審査結果は早く教えてほしいもの。そんな時にアイフルやアコムのおまとめローンは結果が早いため、万が一否決であった場合でも次の手を打ちやすいのです。

 

消費者金融系のおまとめローンの対象は?

アイフルは銀行カードローンやクレジットのショッピングの借入も合計しておまとめを申込むことが可能ですが、アコムやその他の消費者金融は銀行ローンやクレジットのショッピングを範囲に入れていない場合が多いです。

 

詳しい説明は省きますが、貸金業法によって銀行ローンやクレジットのショッピン支払いグを借換の範囲に含める場合、貸金業者にとっては金利の大幅カットなど厳しい条件の下融資をしなければならないからです。

 

もしおまとめローンで、銀行カードローンなども一緒に含めたい場合は、アイフルに申込むことをおすすめします。

 

おまとめローンは銀行でも取扱いがある

おまとめローンは消費者金融のみならず、銀行でもローンを組むことが可能です。銀行では「フリーローン」や「借換可能の多目的ローン」などと言われている商品がおまとめローンと同じ性質のものになります。

 

おまとめローンとの大きな違いは、銀行は貸金業法の規制を受けませんので、銀行からの融資やクレジットカード債務などもまとめてしまう事が出来る点でしょう。

 

総量規制対象外の銀行カードローンで借換することも可能

銀行カードローンはそもそも総量規制の対象外ですので、借換に使うことが可能です。カードローンであればおまとめローンとは違い返済をしたらまた使う事が可能ですので、長期的に見れば使い勝手の良い商品と言えるでしょう。

 

しかし、他社借入が多い場合、利用限度額が少額で出る場合がほとんどなので、銀行カードローンによる借換はネットではやされるようなものではなく、実際はあまりおすすめできる方法ではありません。

 

おまとめローンは最後の砦

おまとめローンはよく「最後の砦」と言われています。その理由について紹介していきましょう。

 

おまとめローンは債務者の一方的な利益に資するもの

おまとめローンは債務の返済を軽減する性質のもので、債務者の一方的な利益に資するものであるため、債権者にとっては不利益な条件である場合が多いです。つまり、貸金業者にとって一度おまとめすると追加でお金を貸付したくはないのが本音です。

 

完済しても解約しなければまた借入が可能

おまとめローンで完済したカードローンは、解約をしなければ、また同じように利用限度額まで使うことが可能です。実は、おまとめローンの利用者は、何かあった時のための保険としてカードローンを解約せず置いておく人が多いです。

 

その結果さらに借入をしてしまって、もっと債務が膨らみ遂に返せなくなってしまうというケースが多発しています。本気で借金を返済したいと思っておまとめローンを組むのならば、借換と同時に借換したカードローンなどは解約してしまうのが良いでしょう。

 

おまとめローンをまとめることは原則不可能と思っておくべき

おまとめローンで一本化した後に、新たに借入を起こして再度多重債務に陥いるケースが多いです。

 

債務が増えたら再度おまとめローンを組めばいいと考えている方が多いですが、基本的におまとめローンをした後さらにおまとめローンを組むことは不可能(おまとめローンをおまとめローンで借換することはできない)と考えていた方が良いでしょう。

 

おまとめローンは債権者保護の観点から融資するものです。そんなおまとめローンを組んだにも関わらず、更に借入をしているという状態は、金融業者から見たら「返済する意思がない」もしくは「返済能力が無い」状態です。こんな状態での貸し付けは不可能でしょう。

 

以上からおまとめローンは最後の砦と言われているのです。

 

おまとめローンによって収入と支出のバランスを改善することが大切

おまとめローンは最後の砦なので、きちんと自分の収入と支出のバランスを考えながら申込する必要があります。おまとめローンを組んだにも関わらず、その返済が負担になりさらに借入をしていては本末転倒です。

 

おまとめローンを申込むのなら、早めに返したい気持ちを抑えて長めに設定して返済比率を下げることが重要です。早期返済のコツは「資金を積立ていくこと」です。返済に余裕が出来たら別で銀行口座で積立預金をしておきましょう。

 

不測の事態に新たに借入をする必要がありませんし、まとまったお金になったらおまとめローンを全額繰上げで完済することもできます。おまとめローンを借りる際は、収入と支出のバランスを考え、賢く借入をするのが大切です。

 

おまとめローンが落ちてしまったら

最後におまとめローンに落ちてしまった場合どうすれば良いのか紹介していきます。

 

CICやJICCなどの個人信用情報登録機関に情報開示請求をしてみる

おまとめローンに限らず、ローンに落ちてしまった時には何かしら問題があると考えましょう。収入が足りない、勤続年数が浅いなど様々な理由がありますが、最も多いのは個人信用情報に傷がついている状態、つまりブラックリストである場合が多いです。

 

自分がブラックリストになっているか確かめるには、CICやJICCなどの個人信用情報登録機関に、開示請求を申請するのが一番確実です。開示によって今自分がどのような状態で信用情報が保管されているか知ることが出来ますし、対策を講ずることも可能です。

 

また、個人信用情報は人の手で登録されていきますので、稀に間違って登録されている場合もあります。自分の信用情報に間違いがある場合、訂正申請をすることも可能ですので、審査に落ちてしまった場合開示請求をしてみることをおすすめします。

 

申込ブラックは半年経てば情報が消える

個人信用情報には申込した履歴も登録されます。申込を沢山しているというのはどこも融資をしないような人物と考えられ、金融機関の印象は悪くなります。リスクを負ってまで融資をしようとは思わないという事です。

 

この状態を申込ブラックと言い、融資に通らなくなる状態を指しています。申込情報は半年を超え合い期間登録されますので、半年後には抹消されます。申込ブラックになっている場合は、半年経つまで新たな申込を控えるようにしましょう。

 

債務整理という手段も考える

おまとめローンも通らず、新たな借入の目途も経たない場合は、債務整理という手段も考える必要があります。債務整理には「自己破産」をはじめ「個人再生」「任意整理」など様々な方法がありますが、まずは、自分の資産を手ばなす必要もなく官報にも掲載されない「任意整理」を選ぶことをおすすめします。

 

任意整理とは、任意に債務整理する金融機関を選択し、個人の交渉によって利息の減免を申込ものです。破産とは違い借入金の元本が減ることはありませんが利息の減免によって債務の正常化を目指します。

 

官報に掲載されないため、誰にもばれずに債務整理出来ますし、債務整理から5年~10年経てば債務整理の情報も抹消されます。つまり、時間が経てば車のローンや住宅ローンを組むことも可能になるのです。

 

返済に窮した場合は、一人で悩まずに、貸金業協会や法テラスなどに相談しましょう。一番良い方法で債務の整理をサポートしてくれます。

 

まとめ

おまとめローンは債務者の利益になる性質のものですが、一度借りると再度まとめることが原則不可能になるなど両刃の剣である商品です。借金をしてしまう人の特徴として、借金を自分のお金だと勘違してしまう人が多いです。

 

この状態でおまとめローンを使うと、借換したカードローンがまた使えるようになり、更に債務が膨らんでしまう可能性が高くなります。

 

おまとめローンを使うなら本当に返済の意思があり、もう借金はしない!という強い意志を持っておく必要があります。債務をまとめると返済が楽になりますので、中長期的な計画を持って返済をしていく必要があるという事です。

 

関連ページ

J.Score(ジェイスコア)の即日融資申し込み方法は?最短で融資を受ける3つのポイント
SMBCモビットでの便利な即日融資申し込み方法~おすすめは「WEB完結申込」
アイフルの即日融資申し込み方法とは?アイフルで即日融資できる3つのポイント
アコムの即日融資申し込み方法~何時までの申し込みで即日借りれる?
プロミスの即日融資申し込み方法とは?プロミスで即日お金借りる3つのポイント
レイクALSAの最短即日融資申し込み方法~即日融資を受ける7つのポイント
【目的別】オススメのカードローン比較 人気カードローンから厳選!
【即日融資】消費者金融でお金借りるならどこがいい?大手?中小?
銀行カードローンで即日融資 審査・融資が速い銀行カードローンは?
土日でも即日融資で借りられる?
即日融資で人気のあるカードローンはどこ?
審査をスムーズに終わらせるには?
会社への連絡なしで借りるには?
無人契約機で即日融資
専業主婦でも即日融資でお金を借りられるオススメは「楽天スーパーローン」
どうにかしてお金を借りるならどうすれば良い?審査に通過するコツ
今すぐにお金を借りたいのに審査が通らない場合の対処法と理由を解説
収入が無い無職でもお金を借りられる方法はある?
審査が甘いキャッシングとは?どうやったらお金を借りられるのか解説
審査無しで即日お金を借りたいと思った時にはどうすればいい?
審査の甘い消費者金融はある?ブラックでも借りられるのかを徹底解説
絶対借りられるカードローンはあるの?ブラックOKの宣伝には要注意
ネットでお金を借りる方法の総まとめ!WEB完結申込方法や注意点は
学生ローンでお金借りるポイントまとめ!学生ローン【厳選10社】
収入証明書不要で借りられるカードローンは?条件や限度額も徹底解
総量規制対象外のカードローンでお金を借りる時に覚えておくこと
超低金利でお金は借りられる?用途や希望別おすすめローンを紹介!
郵便局でお金を借りる 郵便局でのお金の借り方や注意点を徹底解説!
カードローンの「即日振込」をおすすめする5つの理由~今すぐ借りたい
カードローン審査に通るための4つのポイント~通らない理由も解説!
在籍確認なしのカードローンってあるの?電話確認なしでお金を借りる
土日祝日の即日融資なら消費者金融?銀行カードローン?即日融資条件は
無人契約機でお金を借りる時の流れと注意事項~メリット・デメリットは