即日融資

専業主婦でも即日融資でお金を借りられる?オススメはどこ?

  • 夫に内緒でお金を借りたい!
  • 専業主婦で収入がなくてもお金を借りたい!
そんな専業主婦が夫にバレずにお金を借りるためには、「銀行カードローン」の利用をオススメします。

専業主婦にオススメの銀行カードローン「楽天スーパーローン」の特徴

金利(年利) 利用限度額 申込条件
71.9%~14.5% 最大800万円(専業主婦は50万円まで) 日本国内に居住している20歳?62歳(専業主婦は60歳以下)

スマホだけで簡単に申し込みができる楽天銀行のカードローン。申し込むだけで楽天ポイントが1,000ポイントもらえるため、特に楽天会員には人気が高い銀行カードローンです。

カードローンに申し込む条件に、「専業主婦の場合」というものがハッキリと記載されていますので心強いですよね。

ご主人の同意も不要ですので、内緒でお金を借りたいという人でも利用することができます。ただしご主人の名義を勝手に使って申し込みすることはできませんので注意しましょう。

「楽天スーパーローン」の審査~ほかの銀行カードローンより通りやすいと評判

専業主婦が楽天スーパーローンに申し込むためには、

  • 20歳~60歳であること
  • 本人、もしくは配偶者に安定した収入があること
  • ブラック状態でないこと
  • 永住許可があること(外国籍の場合)

などが条件となります。

特に収入面が安定していることが大事であり、専業主婦で無収入である場合にはご本人もしくはご主人に安定した収入があるかどうかが基準となります。

専業主婦であっても、空き時間を利用してパートやアルバイトをしているということであれば、安定した収入であると判断されます。

またまったく働いていない主婦であるとしてもご主人に安定した収入があるのならば問題ありません。

ただし5年以内にローン・クレジット・携帯会社で支払いの延滞をしている場合には「ブラック状態」と判断されてしまい審査に通ることはできませんので注意が必要です。

それでも楽天銀行スーパーローンはほかの銀行カードローンと比べて、審査が通りやすいと評判になっていますので、気になる人は諦めずにチャレンジしてみるといいでしょう。

例えば配偶者の収入面においても安定を求められてはいますが、申し込み時に収入額を記載する箇所はありません。あくまで生活できる程度の収入があれば問題ないと受け取ることができます。

とはいえ年金収入だけの場合、申し込むことができませんので注意が必要です。年金収入は安定した収入であると認めていないからです。

なぜ楽天銀行スーパーローンは収入のない専業主婦でも申し込みができるの?

楽天銀行スーパーローンは総量規制の「例外貸付け」に該当しますので、本人に収入がない場合でも返済能力に問題がない場合には融資を認められるのです。

そもそもキャッシング業界において、年収の1/3までしかお金を借りることができない「総量規制」と呼ばれる法律が施行されています。そのため収入のない主婦は本来融資の対象とならないのです。

楽天銀行スーパーローンの公式サイトにて審査についての説明をみますとこのような内容が記載されています。

・お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方

と明確に記載されていますので、収入のない主婦の場合でも申し込みをすることができるのです。

また「カードローンのご利用限度額」についての説明を見てみると、このような内容も記されています。

・専業主婦の方については、ご利用限度額は50万円となります。

ここまでハッキリと記載されていれば、借りることができるのは間違いないと言えるでしょう。ただし50万円までということだけは了承しておかねばなりません。

楽天銀行スーパーローンは主人にバレずにお金を借りられる?

楽天銀行スーパーローンの審査では、一般の人のように職場への在籍確認などがありませんから、ご主人にバレずにお金を借りることができます。もちろんご主人の同意も不要となっています。

いくら無収入の専業主婦がお金を借りられるとしても、ご主人には内緒にしておきたい人は多いでしょう。お勤めしていない専業主婦の場合は、ご主人の収入証明書などは必要になりませんし、同意も必要にはなりません。

多くの銀行カードローンではご主人の同意書が必要になりますから、楽天銀行には大きなメリットがあると言えますよね。

またカードローンを利用した後でも明細などが送られてくることでバレてしまうのでは?と考える人がいるでしょう。現在どの銀行でもペーパーレス化が進んでいますので、最初からWEB明細にしておけば何の問題もありません。

専業主婦の「キャッシング」は出来ないの?

冒頭でご紹介した楽天銀行スーパーローンもその一つですが、それ以外にもさまざまな銀行で融資を行っています。

イオン銀行カードローンBIG

公式サイトには専業主婦専用の申し込み窓口を用意しています。ご主人の収入証明書は不要ですので、安心して申し込みを行うことができます。

イオン銀行の口座があれば、融資限度額50万円まで即日融資が可能です。必ずイオン銀行の口座が必要になりますので、事前に用意しておかねばなりません。

三菱UFJ銀行(バンクイック)

審査が最短30分というスピーディな融資が特徴で、専業主婦でも100万円までであれば収入証明書が不要で申し込みができます。

融資限度額30万円までであれば即日融資も可能で、本人に収入がなくても申込ができます。しかも営業時間外でも土日でも即日融資が可能となっていますから、大変便利ですよね。

このほかにも、専業主婦を対象とした商品を扱っている銀行が増えています。本人に収入がないとしても配偶者の収入が安定していれば融資が可能となっています。

インターネットから簡単に申込みができますので、店舗へ出向く必要もなく、人に見られるという心配もなく安心して申込が出来ます。主婦層を狙った金融商品であることがお分かりになるでしょう。

銀行カードローンは銀行法に基づいて事業をおこなっているので、貸金業法による「総量規制」は適用されない仕組みになっています。

もちろん基本的には、銀行カードローンも安定した収入が条件にはなります。銀行は独自審査をしていますので、本人に収入がないとしても配偶者の収入が安定していれば融資が可能となっているのです。

「消費者金融」では貸金業法の総量規制で、年収がなければ貸付することはできませんので注意しましょう。その理由をご紹介いたします

専業主婦は「消費者金融」で即日融資はできないの?

専業主婦の場合、楽天銀行スーパーローンのように総量規制の対象外になる「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融なら申込ができます。

とはいえ大手消費者金融では配偶者貸付制度を利用できないところも多く、基本的には本人に安定した収入が有ることが条件となっています。実際のところは無収入の申込はできないのが現状だといえるでしょう。

「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融においても、融資限度額は配偶者の「年収の3分の1以内」までになります。さらに「配偶者の同意」を得る必要がありますので、専業主婦が利用するにはハードルが高いといえるのです。

この「総量規制」とはどのようなものなのでしょうか。

「総量規制」とは法律による規制のことを指しており、この法律の施行によって消費者金融が貸付をする際の融資限度額は『年収の3分の1以内』と制限されるようになったのです。

この2010年の貸金業法の改正で、これまでキャッシングの利用が一番多いと言われていた主婦層に大きな影響を与えることになりました。

この法改正では収入がなければキャッシングを利用することができなくなりました。主婦でもパート収入やアルバイト収入がある兼業主婦はこれまで通り申込ができますが、無収入の専業主婦は基本的には本人名義では借りられなくなったのです。